タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分が使う革の名刺ケースを選ぶにあたって、色々調べたので、まとめておこう

先月誕生日だった。

毎年誕生日プレゼントには困っている気がする。自分がもらうのも、お嫁サンバのも。

できれば、一生とか、10年とか使えるものがいい。

そして捨てる時がこないものがいい。

自転車のパーツじゃないほうがいいのかもしれない、いやそれは間違いなくそうだ。あぁそうだ。


そして、名刺ケースが良いとなった。

今使っている名刺ケースは新卒から使っているもので、
"適当に茶色の買ったらええ感じやろ、なんでもええわ"というライトな気持ちで買ったのを
覚えている。

どこで買ったのか、いくらだったのか、それも覚えていない。

そんなものに限って9年ぐらい使うことになるとは。

ってことで、こういうのは詳しい人に聞くのに限る。

中崎町で坊主なのにシーシャカフェをしている高校からの友達が
革が詳しそうだったので聞いてみた。

品質がよくて、
あまりメジャーじゃなくて、
コスパがよくて、
アウトローで。

アウトローというのは、自分のなかでは、
"ちょっと異質"だとか
"スタンドアローン"だとか、
そんなスペシャルでユニークな味付けがされているもののつもりで言ったが、
坊主の友達はどう受け取ったかは知らない。

それでも坊主なのに彼からは「万双しかない」とご教授いただいた、坊主なのに。

万双?なにそれ。なんて読むの?マンソウ?いやちゃうか。



マンソウ正解だった。マンソーと読むか、マンソウと読むか、まんそうと読むか、
それは謎のままだ。


自分でも調べたところ、
卸を一切通さず、
広告費もかけず、
品質にはこだわり、
リーズナブルに提供するブランドなのだそう。

あ、そうそう、今回はジャパンメイドにこだわりました。

っていうのも最近買ったロードバイクのメーカーがロックバイクスと言って、
大阪のメーカーなんですが、
やっぱ日本(しかも大阪)メーカー素敵やな〜と思っていた流れでだ。

だって海外ブランドってことはシンプルに輸送費だとか、
そういうがちゃがちゃしたややこしいコストが上乗せされてそうやん?

それに日本の文化、規律、習慣とかあまり考慮されてなさそうやん。
例えば海外製の財布を買ったら、お札のサイズちゃうやん?
夏目さんちょっと窮屈そうにしはりそうやん?

そんな感じでジャパンメイドロケット品質のものを選ぼうと思いました。

で、マンソウの話に戻る。
とても素敵なブランドだと感じた。

店舗は東京と神戸の2つ。しかも、ゴージャスなたたずまいではなく、商店街の一角にありそうな雰囲気を出している。

おお。素敵。ゴージャスな歯医者は信用できひんのと一緒や。

革の種類は2種類。

革の王様コードバンか、2番手のイメージ、ブライドルか。

もうこの革の種類に関しては完全にマニアの領域のようで、
正直踏み込むには至らなかった。
経年劣化(エイジング)の過程、耐久性、などそれは本当に色々な切口で
革は評価されるようだ。

馬、牛、豚。皮を革に変える"なめし"の方法、業者(たんなー)、国産の革か、
気候があっているのはイタリアとか、もうお腹いっぱい。

そうなると万双だけでは計れない。
少し視界を広げ調べてみる。

有名どころでいくと、土屋鞄だ。
これなら自分でもちょいちょい目にする。いたやがよくいいねしているやつだ。
坊主といたやがいいねしてるやつや。

それから、
ガンゾー
ココマイスター
キプリス
ファーロ
ソメス

など国産で品質が高い革製品ブランドを知る。

もはや、素人に甲乙はつけれない。
あがいてみても、値段というモノサシでしか計れない。よくわからん。

変なところに踏み込みそうだったので、
"そうじゃないかもしれない"と立ち止まり、
スマートに、スリムに、シンプルに考え直す。

おしゃれなやつっしょ。(かつ品質もまちがいないもの)

そこで、ファーロの名刺ケースが目に止まる。
封筒型でおしゃれではないか。
スリムやし。

まんそうか、ファーロか。

二者択一までいった。

そして、俺のダンディズムというドラマを覚えているだろうか。
あれの財布編で国産ブランドが2つ取り上げられたのだが、
それがマンソウとファーロだった。
ちょっと嬉しい。

そこに、すっともう一つ、国産ブランドが選択肢に入り込んできた。

ready or order だ。
万双という名前のイメージのせいか、かっこいい名前に聞こえた。

そして、レディorオーダーの肉盛りという技法を用いた名刺ケースが気になった。

肉盛り。これはこれで美しい。



スタンドアローンを突き通す、堅苦しいイメージの品質マシーン万双か

百貨店大好き、美しい、スマートなファーロか

謎多き新参者、一か八かなのか、レディオアオーダー




次回、お嫁におねだり編へ続く。



この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2015/12/16 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/856-7361b24e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。