タイトル画像










意外な盲点、チェーンステイとチェーンリングの干渉疑惑

20130716_190048-◆

今日退勤後にエコーにニーヨンピスタの様子を見に行ってきた。


ちなみに前回の写真は、
20130707_162439-◆

すごい溶接が進んでる!

あれとこれがふっついてあれとこれもふっついてこれとあれもふっついてあれもああなった!!



いや~かっこいい。


20130716_192110-◆
鬼攻めなトップチューブがかっこいい!
なんだか前回の写真よりも逆スローピング角度が強くなってる気がする。。。


とにかく、実際に触ってみてみて思ったのは、"ちっこい"というファーストなインプなレッション。

写真だと全然小さく見えないけど、上の写真では左に入り込んでるタイヤと比べてほしい。
700cのタイヤがめちゃめちゃ大きく見える。
これと比べると、ニーヨンピスタのミニマルさが伝わってくるぜ。


20130716_190056-◆
BBです。ここにブレーキ台座が登場します。どうとりまわすかはまだお楽しみ。
オンリーワンなとりまわしをします。




20130716_185122-◆
ダウンチューブのBB側のアウターが出てくるところ。

20130716_185127-◆
これはアウターが入っていくところ。

そう、リアブレーキの線はフレームにインです。

"そのほうがアウターも楽しい。" 嫁の名言、パクります。


スッキリ収納。


20130716_185101-◆
ヘッドチューブ。95mmかな。

角度がきついので、ラグレスかなと思ってたらちゃんとラグ、ついてます。
タダさん!おみそれ!

通常はこの角度、ラグ難しいと思われます。

ラグを広げて、つっこんで、ラグを戻して、隙間にアレを垂れ流して埋めて、丁寧な作業をいただきました。
若干えぐれたりしてるっておっしゃってましたが、全然OKでしょうに。

むしろハンドメイド感、かもし出しでしょうに。


20130716_185053-◆
こっちもラグあり。あ~~もうおいしそう!




20130716_185115-◆





そして今の課題です。



完全に盲点でした。

チェーンリングとチェーンステイの干渉の可能性。


20130716_190256-◆

上の写真を見ていただければ確かに干渉しそうです。

チェーンリングを装着したときに、チェーンステイと。

リアセンターは350mm。

700cサイズではありえないこの数値。

BBからエンドにむけて、ぐあっと広がる角度もきついんす。


これ、完全に盲点でした。
あわよくば60Tぐらいのドデカチェーンリングつけてやろうかなんて思っててすいません。

BBやらクランクってのが全然わからないんですが、
どうやらBBにはいくつかの軸長があるみたい。
出来るだけ軸長が広いBBにしたらチェーンステイから離れるけど、
それやとチェーンラインが出るかどうか。。。

とりあえず、その干渉の余地があるので、フレーム溶接は一旦ストップです。
(実はチェーンステイもまだくっついてません)

次はクランクセットとBBを持ち込んで実際にセットして確認してもらうフェーズです。


クランクのことなどは別途書きます。
むしろクランク長160mmなので、選択肢は2つです。
スギノのマイティーか、エイスインチ。
ま、エイスインチかな。デザイン的に。


店長は作っていて楽しいと言ってくれてとてもうれしかったです。
エコーにお願いしてよかったなぁて思います。



この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/747-b8de2665