タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

24インチという選択





24インチでピストフレームをオーダーする。



24インチという選択。



その理由はそんなにかっこいいもんではない。



身長が低いけどあこがれのファニーフレームに乗ってみたい。



その答えが24インチである。



どうあがいても身長162cmの僕には700cサイズならばファニーどころか、
ホリゾンタルも不可能。


シートポストをぐっとあげて、ステムを前方にくいっと出したフォルム。

そんなあこがれ。




それを実現できるのが、24インチである。




小径車でも24インチという変態サイズは少ない。


ましてや、前後24インチのピストとなると、
調べてみたところ、LOOPによく出てくるHAL氏のオリジナルフレームと
コテツという完成車の2つぐらいである。


そして、残念ながら前者のHAL氏のオリジナルフレームはファニーフレームである。


前後24インチのファニーフレーム。

残念ながらオリジンになることはできなかった。

でもHAL氏はLOOPで24インチピストを”旅する自転車”とうたっている。


ちゃんと走れるのにコンパクト。それが旅に向いているという。


いい感じの言葉である。


自分も24インチというのは絶妙なサイズではないかと期待している。


パっと見、巨人効果にも期待している。


それはまるで、体のでかい外国人が乗りこなす700cサイズのような感じ。



そのまま人間もチャリンコも小さくしたサイズが24インチになる気がする。




旅する自転車というように、ホイールを前後装着したまま、車に乗せたり、
輪行することが出来たりしそう。


ある意味本当に”取り回し”が良いチャリンコサイズじゃないかしら。かしら。





現在の24インチピストである。

リアホイールとチェーンのみ。

次なるフレーム製作の為、お金を貯めています。



あーたのし。






この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/733-20427ca7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。