タイトル画像










Lezyne(レザイン) Macro Drive フロントライト買ったからレビュー

P1320498_20121104235256.jpg

Lezyne(レザイン)の Macro Drive フロントライトを購入したで。

レザインのライト自体は日本でも売られているけど、このマクロドライブはあまり出回ってないっぽい。

そんなライトはアマゾンなら9千円弱というちょっと高価なライトを購入しました。

CRCで6000円弱で購入。クーポン使って4500円じゃい。

最初はライトにそんな高額だせるかーいって思ってたけど、出そ。みんなだそ。

明るいライト、良い。

今まではKNOGのフロントライト使ってたけど、全然違う。

特に自分は通勤の帰りは街灯のない場所を通るからかなり役に立つ。

基本明るい場所しか通ることのないチャリダーならやっぱ不要かもね。


P1320499.jpg
バッテーリの残量もわかりやすいよ。
バテーリのチャージ方法はUSB充電。

ここでひとつ誤算。
バッテリーのみ交換が出来ると思っていたけど、このタイプは出来ないみたい。
バッテリーだめになったら全部買いかえや。
でも充電300回から400回出来るから、4年ぐらいいけると思う。十分っしょ。



P1320500.jpg
明るさは最大300ルーメン。LED1個で強烈。
注意点として、明るさを調整した際の順番が

200ルーメン

300ルーメン

100ルーメン

点滅パターン1

点滅パターン2

という順番であること。普通に考えたら300ルーメンから弱くなっていくと思うやん?
だから最初は200ルーメンを300ルーメンと思いこんで、不良品かと思った。
むしろ200ルーメンと300ルーメンの違いがそんなにないねんな。これが普通かな?
100ルーメンは明らかに暗いけど。



えrわえr写真
レザインのデザインはカブマスターヨナさんも言うとおり、洗練されている。
無駄がない。プラスもマイナスも必要のない洗練されたデザインだ。




写真




写真.JPGあsdf


全然写真と現実は違うけど、とにかく明るい。
300ルーメンならカブぐらい明るいと思う。

走っていると前に歩いている人が振り返る時があるけど、
きっとその時の心理は

"え?ここ自転車ロードやのになんで後ろからバイクくるの、しかも音がない、え?なんで?なんで?WHY?チャリかい"

やと思う。

ってぐらい明るい。


このライトで最近は淀川沿いに生息する野犬をあぶり出す事にはまっている。
100mぐらい離れた野犬も照らすと目が光って居場所がわかる。
だからなんやねんパターンやけど、
今まではいるかいないかもわからない恐怖をもちつつ走ってたから、
あぶりだせることによって恐怖心が小さくなるのだ。

これは野犬に襲われた事がある人の心理あるあるである。




あと、会社の人が同じレザインのライトの150ルーメンタイプを持っているので、比べてみた。


正直、ピンポイントでいうと150ルーメンタイプの方が明るかった。
300ルーメンタイプは全体的に明るい感じ。
ちょっとくやしいけど、チャリに必要なのは全体的に明るい事だよな。
そーだそーだ。

650cサイズのピストをフレームから1から組み上げたい。





この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2012/11/07 ] ■チャリ パーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/665-59971893