タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NITTO(日東)ステム NTC-150購入

P1320505.jpg
ニットーのステム、NTC-150を購入しました。

以前、アジャスター付きのステムを購入し、自分のポジションが出せる位置を色々と試してみた。

そして、たどりついた結論は極力短いステムにするべきという事。

ちょっとフレームサイズがでかめの自分。
ブルホーンなので、ハンドルの先端をにぎるには随分前傾な姿勢が必要。

だからステムは出来るだけ短いものを探しました。




そして、第一にスレッドタイプ(一体型)かアヘッドタイプ(分離型)のステムか。

フロントフォークはスレッドタイプですが、アジャスタがあるので、アヘッドタイプも購入可能。

色々探してわかったことは、もっとも付きだしが短いタイプのステムはMTB用になるということ。
MTB用なら付きだし40mmとか、30mmもある。
でも、ゴツゴツしているのだ。いかんせん、でかい。四角の塊のような感じ。
ルックスがいただけない。

って事でルックスが良いスレッドタイプでステムをさがした。

探せた中で一番短いタイプが突き出し50mmのNITTOのステム、NTC-150だ。

元々アラヤフェデラルについていたステムの突き出しが100mm。
TOKYOBIKE26は突き出し80mm。
それらより短い50mm



P1320506.jpg
装着。
やっぱシュっとするね~久々にハンドル周りがシュっとした。




P1320507.jpg
なんかプリプリした感じで好き。

しばらくこれでハンドルの高さをさがしてみよう。





ちなむと、本当に突き出しが短いステムは、ゼロステムと言われる突き出し0mmのステムである。

ヘッド部の真上にハンドルが来る感じ。

バイクポロとか、トリックには向いてるっぽけど、さすがに走る用のチャリにはきびしいよな。。。









あぱれ!!






この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2012/10/30 ] ■チャリ カスタム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/662-2f48206c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。