タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フェデラルのフレ取りに挑戦

P1280890.jpg
メンノンモデルの栗原類がちょっとおもしろい。
お嫁にもオススメしておいた。
オヌヌメ。



って事で梅雨で全然自転車に乗れなくて、1キロぐらい太ったで。
早く梅雨あけしてくれ。
早く揚子江あたりから気団が来てほしい。



そんな梅雨真っ最中の大阪にいる僕は、
フェデラルのフレ取りに挑戦した。


フレ取りというのは、要は(←モテない男が使うセリフランキング上位)
ホイールのスポーク(細い針金みたいな部分)のバランスが崩れて
タイヤを回転させたとき、ブレブレになっている状態を治す事、である、
要(かなめ)は。

とにかく、購入から1年がたつが、購入して数カ月でタイヤ、
特に後輪がブレブレになっていた。
ブレーキの左右の調整も難しく、
むしろ走行に影響あるんじゃねーかって程、
ブレていた。


フレ取りに挑戦と言っても、もちろん簡単な調整のみだ。

ショップが行う精度の高いフレ取りなんて、無理無理無理だ。
工具もなければ、技術も足の長さもない。

あくまでシロウトが行う、フレをマシにする程度のフレ取りだ。


無意味にハードルを下げたところで今回使用する工具をご紹介。


P1280891.jpg

P1280895.jpg

ニップルまわしちゃんである。
1200円と意外に高い。
意外にニップルにもサイズがあるので、間違って違うサイズの
ニップルまわしちゃんを買わないようにしなければならない。

ニップルまわしというのは、かなめは、ニップル(スポークのはしについてる
スポークの長さを調整する止め具)をまわす工具だ。


って事で自転車を逆にむけ、
ブレーキシューとホイールとのクリアランスをガン見し、
調整を行った。




beforeAfter(以下、B&A)をご覧いただきたい。


まず、フレ取りまえのブレブレの状態。




良い感じにブレてますよ。




そしてメンテナンスブックを見ながらフレ取りを行った後のフレ状態。




思ったよりうまくできました!

フレがなくなった事により、
ブレーキシューとホイールとのクリアランスをシビアに調整でき、
遊びが少なくブレーキをかけれるようになりました!

その結果、カンチブレーキのリリースが出来なくなりました!

その結果、ワイヤーを調整しないとタイヤ外れません!


安いショートVブレーキにしようか迷ってます。
キャリパーブレーキはそもそも台座が違うしなぁ。



今後もフレ取り、ちょこちょこやっていこうと思います!





この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/597-68605d64











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。