タイトル画像










城陽ポタリング

2012_25205_17_25200_25207-001.jpg

今日は会社は御休みだった。

会社休み=城陽ポタリングというのが世間のルールだ。

思ったよりもペダルと明日が一体化している昨今、ポタリングはとても気持ち、E。




今回のルート

吹田の自宅

神崎川のなにわ自転車道

淀川沿いを行き摂津市へ

高槻市へ入りすぐに淀川新橋をわたり淀川の東沿いルートへ変更し寝屋川市へ

北上し八幡市へ

木津川沿いへ

1号線と第二京阪を超え流れ橋をわたり城陽市へ



今回はせこいことせずに往復チャリでいったので、80kmぐらいだ。

前回の彦根ポタリングが115kmと考えると、思ったより乗った。


2012_25205_17_25200_25205.jpg
淀川から木津川へ入ったあたりの写真。

ええ感じ。

2012_25205_17_25200_25205-001.jpg
角度を変えてもいい感じ。



2012_25205_17_25200_25205-003.jpg
木津川沿いもサイクリングロードが整備されておりかなり走りやすい。
ぐいぐい。



そして第二京阪を過ぎたあたりで木津川の逆側へ渡る必要があった。

第二京阪をつかって渡ろうかと考えていたが、なんだか第二京阪に出るのがうまくいかなさそう。

周りを見渡した時、世界で一番風情のある橋らしきものが見えた。


2012_25205_17_25200_25205-005.jpg

神様からのプレゼント、流れ橋(あとでお嫁サンバから教えてもらった)が現れた。
かなりテンションがあがった。

テンションあがりすぎて、注意の看板を読まずにチャリにのったまま流れ橋へ突入。

10mぐらいすすんでみんなチャリを降りて渡っている社会の現実に気付く。

思った以上に流れ橋と地元の人の一体感が出ている感じだ。




2012_25205_17_25200_25205-006.jpg
橋をふせぐぜ、ワイルドだっせ。







2012_25205_17_25200_25206.jpg
ギリギリを責めるぜ、ワイルドだっせ。




2012_25205_17_25200_25206-001.jpg
普通に落ちれるねんな、流れ橋って。

思った以上に川と橋の一体感を出してくれる感じ。






城陽到着。


お嫁サンバの実家へ。



まず、シャワーを借りる。



次にお昼ご飯を頂く。



仮説として、俺がお嫁の夫でなかったら、俺はただの世話がかかるクソ野郎じゃないか。
夫でよかった。




2012_25205_17_25200_25206-004.jpg
城陽のアイドル、小梅氏と遊ぶ。
俺の耳をタンデムステップのように使い、背中にのる。
悔しいが、ワイルドだ。

背中に乗られると、











思った以上に









自分と










小梅の













一体感を出してくれる。










そしてお昼寝タイム。


お嫁のお母さん、お嫁、お嫁の夫(スナワチオレオレオレ)の全員がお昼寝タイム。
もちろん小梅も。










そして起床し、お母さんから晩ごはんを恐縮にも頂き、
帰路へ。
(文字にすると色々と申し訳ない感が、思った以上に、出てくる)










車で行ったとしたらお嫁の実家まで1時間半。


チャリで2時間。




あんま変わらない。


やはり整備されているサイクリングロードを使うと、早い。






そして今回、帰りの半分ぐらい(60kmぐらいかな)からお尻が痛くなってきた。



ケツ、いてー。



おれの、


けつ、





イテー。






ポジショニングをもっと研究したらお尻の痛さは軽減されるんやろうか?
むしろケツパットが効果的?
もしくはお嫁の実家であつかましくしすぎたせいで神様(ゴッド)のお叱りでしょうか。











カブの乗ってやらないと、エンジンつかなくなりそうなのが2台。







です。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

こちらこそ来てもらって申し訳ない。
そして今日も小梅に顔面をひっかかれ、険悪な関係が続いています。
[ 2012/05/17 10:19 ] [ 編集 ]

>お嫁、お嫁、お嫁
確かに題名のところに名前をいれてしまいそうやな。題名のとこいらんよな。けそ。

小梅と犬猿の仲やねんな。猿やな。昨日のアクシデントのようにひっくり返したら一気におとなしくなるねんけどな。アクシデント待ちやな。こうめ~~~~~くれ~~~~
[ 2012/05/17 12:27 ] [ 編集 ]

自転車ですごいとこまで行けるんやな。
ゴールまで行って、どーしてもどーしてもしんどくて帰れんくなったらどうすんの?
今回はサンバの実家やったから大丈夫やったみたいやけど。
[ 2012/05/17 13:24 ] [ 編集 ]

>神田さん
昨今の流行りであるワイルドさに逆行するなコメント、ありがとうございます。
さては彦根ポタリングの記事を読んでいただけてないですね?
しんどくなるかもー!というワイルドさゼロの思想があるとき、すかさず輪行袋(電車で帰るための魔法の袋)を
つめて出かけるんですよ、ワイルドだっせ。
[ 2012/05/17 23:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/563-e2bc442b