タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

綺麗な写真をアップするで

P1230794.jpg

以前のブルホーン完成の記事での写真がアイフォン撮影というところが納得いかず、もう一度綺麗な写真をアップロードしておく。


これは、いわゆる、自己満足投稿というジャンルである。


うん、かっこいい。おしゃれ。




P1230796.jpg
ちょっと斜めから。ちょっとだけ、斜めからだ。


ちょっとだけ立体感が出るだろーう、ワイルドだろーう。



P1230798.jpg
ちょっと斜めのちょっと上から。ちょっとだけ上からだろーう。







P1230800.jpg
結構斜めから。結構だろーう。

ハンドルの曲線がいいよな~。通常のブルホーンやとどうしてもこの曲線は出ない。フラット部分がしっかりワイドになっているから。
でも基本的にはブルホーンのツノ部分を持つから、フラット部分は最低限あればいい。それよりも美しさを出したい。それが叶っているのがこのlinoのブルホーンバーやと思う。思うだろーう。





P1230801.jpg
アップ。詳細がわかるだろーう。




P1230803.jpg
前からのアップ。

フラットバー部分の補助ブレーキは、つけてから感じたけど、片側のみで問題ない。
ゴールドフィンガーっていう小さいブレーキレバーを左側だけつける感じで。
がっつり補助ブレーキつけてしまっているから、ちょっと美しさが損なわれている。




P1230804.jpg
ケーンクリークのブレーキレバーは結論握りやすい。親指もおけるし。




P1230806.jpg
本当は3mmハンドルに入りきってないけど、問題なさそう。とれません。こけたらどうなるかわからんけど。




P1230807.jpg
ここの角度から見ても美しい。




P1230808.jpg
ひいても美しい。






ハンドルの角度は現在色々な角度でしっくりくる場所を探しています。写真の角度はかなり攻めている角度やけど、ちょっと攻めすぎて手にフィットしない。もうちょっと上にした方がしっくりきます。

はたまた、ステムの高さ、前へのでっぱりなども色々変えればベストなライディングポジションが見つかるはず。

サドルの角度、前後の位置も少し変ってくる。

ハンドルを買えるとポジションや体制も変わり、色々な場所のセッティングをする必要がある。


それがまた楽しい。ちょっと自転車を降りて調整して確かめながら乗る。それが楽しい。基本はダイエット目的やけどな。


ビバブルホーン!!!!!





この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/539-023279d7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。