タイトル画像










自転車のシフトワイヤー調整

P1190090.jpg

ある時、自転車に乗っていると変速に違和感を覚えた。

ペダルをこいでいるとチェーンがチェーンリングを抜けるようになった。

やっべ~こわれた~、と最初は思った。

しばらくその状態は続いた。むしろどんどんひどくなった。危険である。デンジャラスなのでアラヤフェデラルを購入した堀江の203に持って行った。

20秒くらいで治してくれた。


どうやらシフトワイヤーが伸びていたようだ。どうしてもワイヤーは伸びると言う。特に新品であればあるほどワイヤーは伸びるような。


その時はそれで事な気をえたが、その後2カ月後ぐらいに再発。そう、ワイヤーは伸びるから。そしてイチイチ20秒の為にショップにもっていくのもアレなので、シフトワイヤーの調整技術を091は身に付けた(レベルアップの音楽をここで)




①フロントの変速を一番外へ
P1190082.jpg

②リアの変速を3つ目へ
P1190083.jpg

2_20111112170627.jpg

シフトワイヤー調整ネジを図のように開店させるとチェーンはそのまま内側へ。わかりやすいね。

ポイントは音である。
最初は図のようにまわしつづけ、リアの4つ目のギアに干渉させる(シャリシャリという音で判断)。
そして干渉している音がなくなるまで逆に時計周りでネジを調整していく。
そして完全に干渉のが消えたところから更に半回転させ、パッチリである。



次は洗車技術を身につけレベルアップしたいと思う。

今日は結婚祝いに会社の方にお嫁とお寿司をたべにつれて行ってもらってくる。いってきます。



この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/463-83334e0b