タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンズ購入(FDレンズ_70-210_F4.0-32.0)

写真
大袈裟や。
このレンズ、思ったより大袈裟や。

ってことでレンズを購入しました。
canon FDレンズの70-210、F4.0-32.0のズームレンズです。

定価は¥66,000です。
中古で¥1,980で購入しました。センキュウヒャクハチジュウエンです。

まず言いたい。

FDレンズ最高。

FDレンズは80年代にオートフォーカス化の波によって消えた、canonのマニュアルレンズです。
ピントも絞りもマニュアルです。
絞りリングを回すと、レンズの中が絞られてるのが見えます。
アナログに絞りを見る事ができます。
FDレンズで動画を撮ると、被写体が動くたびにピントリングを回す必要がある。
めっちゃ難しい。

FDレンズはフィルム一眼カメラ用です。

FDレンズを装着できるデジタル一眼カメラはマイクロフォーサーズ規格のみ。
マイクロフォーサーズが生み出したフランジバックの短さがFDレンズ装着を可能にしたらしい。

マイクロフォーサーズ規格って事で、この規格を採用しているオリンパス、パナソニックのカメラが該当します。
オリンパスのPENやら、パナのG1、GH1、GF1です。

もちろんマウントをかませないと装着できないけど。

FDレンズの何が良いかというとコストパフォーマンスだと思う。

昔(70年代、80年代)のレンズやし、オートフォーカスじゃないし、市場ニーズがないため、とにかく安い。
でも質はいい。名器ぞろい、らしい。
マウントさえ買ってしまえば、後は低価格で多くのレンズをそろえる事が出来る。
それに、マニュアルも僕は好きなので一石二鳥です。

個人的にマイクロフォーサーズの登場で、FDレンズ市場のニーズが再度拡大し、相場が上がるのを懸念するで。

「なんでパナソニック買ったん??」ってよくなりますが、このFDレンズをつけれるからこそです。

でもマウントが高い。
1万5千円ぐらいした。
宮本製作所ってとこのマウントを使用しています。


FDレンズは2つ目。
一つ目は「50のF1.4」。

F1.4が生み出すボケは最高。
F1.4が生み出す明るさは最高。
たまらんばい。

って事で50F1.4と70-210F4.0を撮り比べ。


P1110324.jpg
↑50F1.4で撮影

70-210_F4_0.jpg
↑70-210F4.0で撮影。

後者、寄れる寄れる。マクロがついてる。
おなじ画角になるように50F1.4をトリミングしました↓
50_F1_4.jpg
ブレてました。ミス。

見比べると、やっぱF1.4のボケには勝てないな。

どっちもこれだけ寄ると、被写界深度の浅さが半端ありません。
ピントあわすのにめっちゃ精神力、視力使います。

このレンズの使用場面は大袈裟に行きたい時やな。

「あ~~~なんだか大袈裟にいきて~~~~」って時にこのレンズつけよ。

「あ~~~バズーカうちて~~~~~」って時も。

FDレンズの魚眼が欲しい。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/16 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(2)

>¥1,980で購入しました。

まで読んだけど波動砲みたいな機能は付いてないのん?
[ 2010/02/16 23:51 ] [ 編集 ]

うなぱぱぱいさん
これだけ長いんで、波動砲やバズーカ、下手したらソニックブーンのボタンもどこかに付いてるはずなんでずが、まだ見つけれません。どこかにはボタンついてるはずです。これだけ長いんで。どこかには。
[ 2010/02/17 00:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/169-d3eb8628











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。