タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【カブカブジャーニー 中国レポ3】米子~東郷

過去の記事
【カブカブジャーニー 中国レポ1】吹田~姫路
【カブカブジャーニー 中国レポ2】姫路・倉敷・米子
【カブカブジャーニー 中国レポ】記録

P1080148.jpg
まんが喫茶での目覚めはよくない。
米子から西へ向かい島根半島へ行く。
行先は島根半島の最東端。美保関灯台を見に行く。
写真では奇麗と思っていたのだが実際見るとイマイチ。
てか写真を見ればわかると思うが灯台をしっかり見れる場所がない。
写真がベストポジション。

P1080147.jpg
しかし眺めは綺麗。

P1080151.jpg
島根半島とカブ

さ、次の場所へ向かう。

P1080165.jpg
はい到着。皆生温泉。カイケオンセンと読む。
皆生温泉のOUらんど。オーユランドと読む。

P1080166.jpg
大山高原。ダイセンコウゲンと読む。
の、カフェオレ。フロアガリノイッパイと読む。

さ、リフレッシュしたところで次へ向かう。

P1080171.jpg
はい、到着。植田正治のミュージアム。

P1080192.jpg
貸切状態。
椅子に座って大山を眺める事が出来る。

P1080173.jpg
良い。

P1080180.jpg
直径60センチのカメラレンズのプロトタイプ。
でっけー。

P1080183.jpg
上映室。
もちろん貸切。

写真上のレンズが直径60センチのレンズである。
この上映室自体がカメラの中身となる。

P1080188.jpg
こんなボタンもアートに感じる。

P1080196.jpg
外も気持ち良い。貸切。

P1080202.jpg
歩く。ポーズ。

P1080199.jpg
P1080200.jpg
P1080201.jpg
3点1セット。

P1080207.jpg
セルフタイマー10秒経つまでに走った。

かなりゆっくりミュージアムを舐めるように見わたした。貸切やし。

次へ向かう。美術展を去ろうとするときにここで雨が降ってくる。
天気予報では曇りやったのに雨が降ってくる。
天気予報のボケと思ってしまった。

気にせず走るが雨がひどくなってきた。が気にせず次の目的地へ。

P1080222.jpg
はい、到着。風車。見たかったんです。風車を。

結構でかくないか??

近くまで寄ってみよう。

P1080225.jpg
めっちゃでかい。写真では伝わらんが迫力がある。
早い。回転が速い。歯の先の速度はかなり早いと思う。

そうこうしているうちに雨がザーザーぶりになってきた。
曇りちがうんかーーーーーー!!!こらー!!!
と心で叫ぶ。

ここで091はカッパを装着。
防御力が40UP。
お天道様の攻撃、カミナリ。
091は精神的ショックを受けた。
091はコンビニへ逃げる。

20分ほどボーっとしていると雨がやんだ。
しかしすでに膝より下がびっしょびしょ。たまらんで。

投入堂とか見たかったけど、あきらめた。
あと、昼に予約をしたキャンプ場をキャンセル。

雨やし今日は早めに宿につこう。
ってことで宿さがし。
三朝温泉が近い。ミササオンセンと読む。
せっかくだから三朝温泉の宿にとまろう。
安いところをさがす。
5000円発見。
091は電話をした。
店主の攻撃、"予約いっぱい"。
091は悶絶した。
とりあえず鳥取市はホテルが多い。安いところをさがす。
5000円が最安。しょーもないホテルやな。

っと思ってた時に6km先に"はわい温泉"の看板が。
三朝がだめならはわいだ。
はわい温泉付近の宿を探す。安いとこ。
5000円発見。
091は電話をした。
店主の攻撃、"空いております"。
091は直行した。

この日は東郷池となりのはわい温泉、ビジネスホテル山本に泊まりましたとさ。

4日目に続く。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/11/16 ] ■カブ カブ全般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://names.blog43.fc2.com/tb.php/107-4053f744











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。