タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブルホーンのブレーキレバー考察


"you wanna 酔わないウメッシュ"のCMを見るとなんかいたたまれなくなるよな、091です。

ノンアルコールビールに便乗してノンアルコールカクテル出てるけど、それって高価なチェリオやん、091です。

って事でブルホーンにしようか計画のブレーキレバー編です。


まず、条件

   1:バー先端にブレーキをつける
   2:補助ブレーキもつける
   3:ワイヤーはハンドルの外を通す
 
 1:バー先端にブレーキをつける
  いわゆる、攻めの姿勢時にもブレーキがかけれるようにする。
  今回のブルホーン化の1番の目的である。
  
 2:補助ブレーキもつける
  これはいわゆるフラット部分(通常のバータイプハンドルの部分)につけるブレーキのこと。
  攻めてない景色を楽しんでいる時に握るブレーキという認識でOKだ。
  
 3:ワイヤーはハンドルの外を通す
  ・ハンドルの外を通す
    <メリット>
     ・加工がいらない
     ・ブレーキレバーの角度調整に影響がない
    <デメリット>
     ・見た目がすっきりしない
     
  ・ハンドルの中を通す
    <メリット>
     ・見た目がスッキリする
    <デメリット>
     ・穴を開ける加工が必要(ハイリスク)
  この2パターンがある
  
  今回はバーテープは巻く方向で進める(巻かなかったら手が痛いしな)ので
  ワイヤーは外を通しても中を通しても見た目的にはかわらない。
  
  なので穴あけ加工の必要ない"外側"タイプでいく。
  また、補助ブレーキをつけた場合、ハンドルの角度を変えた場合に補助ブレーキのの角度も変えてやらなければならない。
  その場合、穴あけ加工してしまったら通す穴の位置が変わり何個も穴をあける必要がでてくる。
  そうなってしまえば、シュッとするメリットの元もこもない。
  
補助ブレーキに関しては、今のアラヤフェデラルについているテクトロの補助ブレーキを流用予定(バーの直径未確認やけどいけるっしょ!)

次回、ブレーキレバー決定編に続く

スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

オアフ島3日目


ハワイ3日目 投稿者 s0style091


久々にiMovieを使ったら、使い方忘れるわセンス忘れるわやけど、徐々に慣れて行こうと思うで。


ってことでオアフ島3日目はドルフィンスイム!イルカ大学っていうツアーやけど、これはよかった!

ライフガード必須ってなったときはちょっとげんなりしたけど、いけると思う人は空気をいれずに飛び込んでOK!って事で調子に乗って空気入れずにマイフィンでダイブしたで。いや~最高やった。小笠原を思い出せた。むしろ一緒やった。


じゃあの。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 ハネムーン 
[ 2012/02/28 ] ■旅 in ハワイ諸島 | TB(0) | CM(0)

ハワイ島2日目

P1190836.jpg
朝はチップを置いて部屋をでるべし、091です。


オハフ島、ようやく2日目の日記を。日記で日本に帰国するの、来年になるかも。



って事でオアフ島2日目はまずダイヤモンドヘッド登頂にてサンライズを見ようとしたで。


が、すぐに捕まる予定のタクシーがいない。
ホテルから呼びつけてもらったが、15分程待っても来ない。


その時点で朝の6時。サンライズ予定時間は6時50分、山頂まで登るのに必要な時間は40分。今まだホテル。
ってことでここであきらめてサンライズはまた時間ある時にまわした。

そして部屋に戻り何事もなかったかのように、寝ました。朝のダイヤモンドヘッド登頂挑戦はまるで夢遊病だったかのように。。。


おはよう。


今日はパラセーリングだぜ!


CIMG1266.jpg
ホテルから送迎付き。写真は車内。

周りは外国人の方ばかり←このセンテンス、異国感を4割増し

CIMG1268_DJST.jpg
パラセイルの説明ビデオを見る。


CIMG1273_DJST.jpg
ビーチからフライトかと思ったらボートで沖からフライトみたい!やったで!
フィジーでは男と2人、ビーチからのスタートで味気なかった。
けしきもは綺麗でボートも楽しい。

なぜかテンションの高いスタッフ(げんちじん)と無駄に数回ハイファイブ。そこなんでハイタッチなんってとこで、ハイタッチ。
でもあれってテンションあがるよな。
むだにハイタッチと思いつつ、テンションをあげてくれるから不思議。
ハイタッチキャラになろうかな。いえええええ!

CIMG1283_DJST.jpg
ドキっとするよな☆




ひさびさに動画を作ったで。ウィンドウズでさくっと品質です!



CIMG1289_DJST.jpg
お昼休憩のハンバーガー。あ、マクドやで。日本にはないメニュー。

そしてホテルに帰ってきました。


P1190841.jpg


ハワイにいるとリムジン見飽きる。

日本で見るとテンションあがるけど、ハワイにはそこらじゅう走ってる。見すぎて気持ち悪くなってきた。

っていう余談。


そしてお散歩へ。
P1190846_DJST.jpg
でっかい木があるアウトドアフードコートへ。


P1190851_DJST.jpg
ロコモコをお嫁と半分にして頂きましたで。


さらにお散歩して他のホテル(ちょっと良いホテル)の外にあるソファにてお昼寝。

めっちゃ寝た。

前に人結構通るけどめっちゃ寝た。


P1190858.jpg
そしてインドアフードコートへ。
このお酒を買ったのはいいが、栓抜きがなく途方にくれた(2分程度)


P1190860.jpg
こういう結果に。


P1190866_DJST.jpg
帰りといえばはハーゲンダッツっしょ!




P1190867.jpg
そしてホテルに戻り栓抜きをフロントで借りてナイトベランダ晩酌。こら太るよな。



そしてずっと現地人にも「ありがと~」と頑なに言う嫁を感じつつ、オアフ3日目のドルフィンスイムへ続く。。。




この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 ハネムーン 
[ 2012/02/28 ] ■旅 in ハワイ諸島 | TB(0) | CM(0)

LINOのブルホーンバーBisbeeを購入

P1210656.jpg

さて、ブルホーンにしようかのハナシです。


前回は色々なブルホーンで迷っていたわたし。


購入したのはLINOのBisbee!
そう、ブルホーンバーで世界一美しいフォルムの持ち主です。


日東とか有名メーカーに比べて全然供給されてないけど、偶然にオークションにて半額以下で出品されていたので、落札。しかも即決で。ラッキー♪


実際のLINOのブルホーンバーがハワイ出発日に届きました。綺麗やし、やっぱり美しい!




P1210657.jpg
このロゴがオシャレ。なんとかしてこのロゴは見えたままにしたい。





P1210658.jpg
上から。他のブルホーンバーと比べて手前のバー部分が、直線が短くデザインされている。

美しいが、実際の握り心地がどうなるかはまだわからない。





P1210659.jpg
横から。他のブルホーンバーと比べると、くいっとあがる部分が大きい。しかし、これがあるからこそ、斜め前に角度をつけて装着した時に良い感じに握れるようになるはずだと信じている。アイビリーブ。




P1210661.jpg
そして気になっていたハンドル幅。
アラヤフェデラルノーマルのハンドル幅が410mm。
そしてこのLINOのBisbeeは380mmなのだ。

しかし丸みが多く直線部分が少ないため、かなりショート幅に見えるが、実際は写真の通り、先端はアラヤフェデラルとあまり変わらないようだ!

実際は先端よりももう少し手前を握ることになる予定だが、あまり握り幅の変化はなさそう。

でもハンドル幅がせまく見えてめっちゃスタイリッシュ!オシャレである。

最近はこのハンドルを見ているだけでウキウキする。イイネ!


P1210662.jpg
シュッとスルネ!






そして、まだまだブルホーン化完了までには多くの段階を踏まなければならない。



1:ブレーキの構造の理解
2:必要なパーツ、工具をそろえる


1に関しては、本とか読んでなんとなく理解を進めていっているのだが、どうしてもわからないブレーキの構造がある。それは補助ブレーキの仕組みである。

ブラケット部側の通常のブレーキレバーと補助ブレーキのインナーワイヤー(いわゆるワイヤー)は1本でつながっている。しかし、補助ブレーキってレバーを握った時に中のインナーは動いてないのである。
(これに関しては言葉ではよくわからないので、次回詳しく書きたい)

どうやらアウター(インナーワイヤーの覆っている部分)を押してインナーを引いているらしい←これが意味不明。

とりあえずそこの部分の理解をクリアしないとブルホーン化には着手できない。

そう、ブルホーンハンドルにしても、補助ブレーキは装着しようと思っている。

ドロップハンドルのブレーキに比べて一段とブレーキの握りやすさは向上する予定ではあるが、やはりごちゃごちゃした道などはフラット部分を握って運転する事が多いと思う。その時には補助ブレーキは多用するであろう。


あと、バーテープは巻く。だって巻かないと手痛いもん。だもん。
見た目の事を言えば、巻きたくない。巻かない方が絶対美しい。でも痛いもん。もん。だから巻きます。
バーテープとアウターの色は何色にしようか日々妄想中。

2の"必要なパーツ、工具をそろえる"に関しては、切断したアウターを整えるための千枚通しぐらいではないだろうか。

もうそろそろ1年たつし、一緒にブレーキワイヤーも交換しようかと思う。




次回補助ブレーキの構造理解に続く。



と思う。




この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

オアフでの恐怖体験

P1190750.jpg
ハワイ。

それは日本の夏から湿気と蚊をとっぱらってファンキーにした感じである。

つまり最高。蚊がいなくなるだけでも最高だよな。



P1190756_DJST.jpg
ちょっとわかりにくいが、ワイキキではこのように自転車を地球ロックするように鉄のポールで作られた自転車の形をしたものがたくさんある。
そしてその鉄の自転車ポールにこのように自転車を地球ロックして盗難防止するわけである。

はいおしゃれ。

とりあえず一台も地球ロックされていない鉄の自転車ポールがあったらまたがって遊んでみたいと思った。でも意外に自転車がとめられていない自転車型ポールがない。オアフ滞在中にかならず撮ってやる。






P1190778.jpg
ホテルから歩いてすぐのビーチ。

右下に写っているのはお嫁の帽子。

中央に写っている人は赤い海パンのようだ(知らない人)





P1190777.jpg
いわゆる、サンセットオブホノルルオブハワイ。オアフでのサンセッツもとても良い。



そして晩ご飯を求めてバスに乗ろうとバスストップについた時から恐怖体験アンビリバボが始まった。


バスストップ(バス停と言わずにあえてこう言おう)では謎のバス案内人が立っていた。

松崎しげるに似ている日系人である。

日本語でどこに行くのか話しかけてきた。

「オススメの場所あるよ。ワタシもう5分で仕事終わるから案内するよ、一緒にいこう」

とりあえず松崎しげるに似ているしツアーの人っぽいので安心してついていった。


とりあえず、一緒に歩いていて思ったのだが、歩く距離がめっちゃ近い。


お嫁    俺 しげる  

↑こんな感じである。
ちなみに上記のお嫁と俺の間は20cmぐらいの感覚である。
つまり俺としげるの間は3cmぐらいである。

むしろ歩いていてガツガツ当たる。負けるもんかと俺もひるまなかったけどな!

そして良い感じのお店につれてきてもらう。

お店の場所はわかったのにしげるは立ち去らない。


この時から俺の頭の中には「こいつ一緒に食う気ちゃうか」という思いがめばえだした。



そしてことわるセリフを頭の中で考えていた私。



"今日はハネムーンの初日の晩御飯だから2人で食べます"という1種類しか思いつかなかった。



そして店員が案内してくれる。しげるもついてくる。テーブルへ到着。しげる座った!





しげるが、







座った!!







とりあえずもう断ろうと思って店員に「トゥー!」と言った記憶がある。




日本語に訳してみると、




「2!」






と言った感じである。







しげるはその言葉で俺の気持ちをすべてくみ取ってくれたようで、




「このビーチ沿いのテーブルは3人以上じゃないと座れないんだ。君たちがオーダーしたら僕は去るよ」




と言った。




半信半疑だったがオーダー後、しげるはマジで立ち去った。








シンプルにめっちゃ良い人やった。




疑ってごめんよしげる。



そして疑ってごめんの気持ちを添えて良い感じのお店で初日のディナーを開始。





P1190792.jpg
サラダ食べ放題で肉は生でもってきもらって自分たちで大きな鉄板エリアへ焼きに行くスタイルだ。

一言で言うと、めっちゃ楽しい感じである。




P1190802.jpg
嫁も焼く。






P1190815_DJST.jpg
俺も焼く。ジャップが焼く。







P1190799_DJST.jpg
このスタイルのお店、日本にも出来てほしいよな。だよな。






そしてしげるを疑って申し訳ない気持ちなんてすぐに忘れて楽しいディナーを頂きました。







翌朝、ホテルの前で再びしげるとばったり会った。むしろしげるクジラのツアーガイトもしており、僕が泊まっていたホテルに他の人をピックアップしにきていた。





そしてしげるの激写に成功だ。









CIMG1265_DJST.jpg








CIMG1265_DJST2.jpg
ありがとよ、しげる。










この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 ハネムーン 
[ 2012/02/24 ] ■旅 in ハワイ諸島 | TB(0) | CM(0)

バーガーキングええなぁ


P1190739_DJST.jpg
ハワイではバーガーキングにお世話になりました。

マクドも普通にあるけど、ちょっと味付けした気分も味わいたい、そんな時はバーガーキングだよな。

ハワイ初心者向け。初級コース。でもドリンクたのんだらカップだけ渡されてあせるけどな。


P1190740_DJST.jpg



P1190741_DJST.jpg
クソでかいで。この写真で伝わってるのは30%ぐらいやで。もっと”でかっ”っていうイメージやで。伝えたい、この想い!


P1190742_DJST.jpg
かと思いきやバーガーによっては日本サイズやで。違いが激しいで。クソでかいか普通か。間をくれ間を。

まわりの客層を見てみると、けっこう老夫婦もハンバーガーを食べてる。

ハワイにいて思ったけど、普通の老夫婦も普通にパワーフード食べるよな。すごいよな。サングラスしてるしな。かっこええよな。おれもおじいちゃんなってもサングラスしようと思ってる、今は。


おじいちゃんになっても関大前のGBに夫婦で行きたいと思う。




この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 ハネムーン 
[ 2012/02/23 ] ■旅 in ハワイ諸島 | TB(0) | CM(4)

オハフ島へ上陸

20120211042332_P1190706.jpg

"後悔を口にする者は、今も後悔を歩んでいる" そうですよね、091です。


って事でハワイへ上陸した。


詳細は御嫁のブログで。




続くかな







この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 ハネムーン 
[ 2012/02/21 ] ■旅 in ハワイ諸島 | TB(0) | CM(0)

出発日

ゴアテックスを体にうめこむ手術をしてみたい、091です。

ハワイ出発日。この日は長い一日となった。
なんせ時差が19時間である。日本からハワイへ行く場合は、ハワイに到着したら日付を一つ戻して時間を5時間すすめてやる感じ。だからこの日は24時間プラス19時間の43時間という一日になった。

20120210162831_P1190658.jpg
茨木から関空へはみんな大好きシャトルバスに乗る。

20120210180506_P1190662.jpg

関空は懐かしい感じがした。

20120210181649_P1190663.jpg

20120210193946_P1190677.jpg

とりあえず離陸まで時間があるので、マクドナルドを食べた。世間ではビッグマックが200円だというのに、関空のマクドはそのキャンペーンはやってなかった。きっと、関空のマクドはもはや日本でのキャンペーンとか関係ないという風にお高くとまっているのであろう。やらしいマクドだ。だからマックポークとマックナゲットを食った。やはりおいしいなぁ、マクドは。


そして出国手続きを進めていく。飛行機まであと一歩のところにおいてあった公共のネットスペースにてオックン式とカブグラを見る。そしてフライト。相変わらず離陸までの謎の加速がすごい。そして後ろにはちょいちょい泣きわめく子どもが。なぁんかやだなぁ~おっかしいなぁ~なぁんかやな予感だなぁ~おっかしーなぁ

20120210222955_P1190690.jpg

そして楽しみにしていた機内食。
ロコモコという絶妙にありきたりなメニューがあらわれた。あーおいしい。
機内食ってなんだか楽しい。

機内食って味ではなく、機能面が高いんだと思う。

服に例えるなら、アウトドアアパレルである。
おしゃれなだけではだめで、機能面も高い。機内食もおいしいだけでなく、保存性、あのせまいスペースにおさまるコンパクトせい、若干ゆれる社内でキャビンアテンダントが無理なく配れる工夫などの機能面がもとめられるのである。まぁそんなのどうでもよく、おいしいし機内食はじめてのお嫁も満足なようで、何よりである。

ただ、チョコレートはあるわあんこの入ったお饅頭はあるわで、コンセプトがゆらいでいた。そう、それはまるでカブグラがコンセプトを見失った時のように蛇行するかのように。


20120210224552_P1190692.jpg
そして海外旅行と言えばハイネケンだよな!このまずさが海外感を4割増しさせてくれるよな!まずいけど缶おしゃれやし!





続くかも



この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 ハネムーン 
[ 2012/02/20 ] ■旅 in ハワイ諸島 | TB(0) | CM(0)

新婚旅行終わり

P1210471.jpg
どうですか、僕のサングラス、091です。


新婚旅行から帰ってまいりました。ハワイ諸島からかぶれて帰ってまいりましたマハロ。


日本を発った時よりも寒いってどういうことや。マハロ。

マハロネタは当分続けていきます。




新婚旅行、ハワイ諸島、最高だった。ハワイ、いいね。




好きな人と、好きな場所で、好きなだけとはいかないけど、少しの間に凝縮させて、思いっきり過ごせて、最高でした。


オアフ島はリゾート満開で、派手で、海がきれいで。

ハワイ島はダイナミックな島で、大自然を感じることが出来て、暑くて寒くて。




とりあえず、ケガもなく、インフルエンザを向こうで発症することなく、帰ってこれてよかったよかった。まはろ。




少しの間、ハワイネタとブルホーンネタが続きます。





この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 ハネムーン 
[ 2012/02/19 ] ■旅 in ハワイ諸島 | TB(0) | CM(6)

ブルホーンにしようか

予約投稿です。




手にヒートテック埋め込める手術があるならしたいですね、091です。


さて、新しいカテゴリ作りました。ブルホーンにしようかカテゴリです。


アラヤフェデラルのハンドルをブルホーンバーにしとうかと迷っています。



理由は色々とあります。




ドロップハンドルのいいとこ
  ・前傾姿勢がとれる
  ・フラット部分、ブラケット部分、下ハン部分と多くの体勢をとることができ疲れにくい
  
  

ドロップハンドルのだめなとこ
  ・ブラケット部分を握っている時にブレーキがかけにくい
  
だめなとこはこれにつきる。俺の手が小さいのに原因があると思う。
とにかくブレーキがにぎりにくい。
一度車がシュッと出てきた時、ブレーキかけようにも全然とまらなかった。

だからブレーキはやはりかけやすいハンドルにしなくてはいけない。

でもドロップハンドルのように前傾姿勢をとれ、少なくても2タイプぐらいの姿勢をとれるハンドルが良い。

あとおしゃれなハンドル。



ってなったらもう答えは1つ。

ブルホーンバーです。

ブルホーンとは牛の角をあらわす言葉。その名の通り、牛角のようなフォルムをしたハンドルです。



そしてどのブルホーンにしようか迷い始めました。



候補はこれらに絞りこまれた。


①NITTO RB001
06142230_4df7627da5231.jpg
06142230_4df7628c0a8b0.jpg

おそらくブルホーンの中で一番好評なハンドルではないだろうか。
まず、微妙な曲線が美しい。2.5㎝のライズもあり、エンド部もあがって握りやすそうである。

ブルホーンバーの中で優等生のポジション。

②NITTO RB-021
rb-021-1.jpg
同じくNITTOのいかつめのブルホーンバー。ライズがかなりある。
ライズがあるっていうのは魅力的なのだ。
というのも俺は短足で脇汗をよくかくため、サドルは高くできない。

必然とハンドルは低めの設定なる。そして、実はハンドルがこれ以上下げれないというステムの位置まできているのだ。
だからライズ幅のあるハンドルにすることによって、ステムの位置に余裕を出すことができるはずである。

結構攻めのフォルムで俺のキャラではないという事実はぬぐえない。

そして心配なのはライズ部分は握りにくいのではないかという懸念である。斜めにもってるときっとしんどいやろう。あくまで、街乗りであり、ロングライドに対応できるチャリを目指していきたいのだ。淡路島1周だって、サクっとできるような。


これはブルホーンの中ではジャイアンの位置。




③LINO / Bisbee/ Bull Horn Bar
g503.jpg


10170108_4cb9ce1253f92.jpg



20100823_1025280.jpg



美しい。美しい。美しいフォルムのブルホーンである。
他の2点とくらべると、バー部分が丸い。だから美しい。

しかしだ、もちやすいのか、これ。という疑問がある。明らかに見た目は一番美しい。しかし持ちやすいのかこれ。(2回言うた)


ブルホーンバーの中では小池徹平のポジションだ。





価格的には、②のジャイアンが安い。あとの優等生と徹平は7000円程度だ。う~ん。かなり迷う。





そして、色々がグーグル先生にサンプルの画像を見せてもらっていると、③の徹平バーを角度をつけて(前に落とす感じ)装着している画像を発見。すると上にくいっとあがっている部分を握れるような角度になり、かつライズもでき、かつ攻めのスタイルという草食系肉食徹平が出来あがるのだ。




これかもしれない。。。




しかし、③の徹平バーは供給があまりされていないのか、NITTOハンドルに比べ、全然グーグル先生も画像を持っていない。う~ん。もっとサンプルが見たい。





しかし、オークションを見ると、あまり供給がないはずのLinoの徹平バーが半額以下で偶然出品されているではないか。






続く。。。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索:









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。