タイトル画像










「ラッキー♪」

P1110345.jpg
今年に入って「ラッキー♪」をよく使っている。
どんな場面でつかったかは、俺には覚えることは不可能やけど、今日の事はまだ覚えてる。

写真のイッセイミヤケの時計は、時計が2つある。ハッリコスキネンのクリエイティブ能力には頭が上がらない。

おそらく、グローバルに生きている人が使うべき時計である。
俺の場合、海外に行って時計が傷つくのは嫌やから、Gショックをつけていく。
結局、2つの時計が違う時間を指した事は一度たりともおまへん。

そして、2つある分、電池交換をする際、電池は2つかえなあかん。
1つで動いてないんかいというツッコミはコスキネンは受け付けないらしい。

「ノークレームノーリターンでお願いします。」byコスキネン

料金も倍なの。

今日、電池交換に行ったとき、
「1つだけ交換してください」と俺はコスキネンのクリエイティブを踏みにじる如し、マスターに言った。
いや、言いつけた。ガツッと言いつけた。

5分程度待って、電池交換を終えたマスターがこう言った。

「1つだけやったら、時計が可愛そうやろ。2つ交換しといたで。サービスや♪」

ラッキー♪

あかん、オチ弱い。
おちてない。


こんな時はあの写真を見よう。

IMGP5116.jpg
全員がミスった時、それが正解になる。
もみじっちがおかまじゃない時、俺がおかまになる。
俺がおかまになった時、USKさんはただのマラソンランナーになる。


そう、君が思い出になる前に by スピッツ

あああああああああああああハズカシイ。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/25 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(2)

親切

P1090918.jpg
マレーシアのミリでの出来事。

ローカルバスは乗車時に金を払う。
いくらかわからないし、運転手に聞いても正直あまり聞き取れない。
聞き取れたとしてもな、コインを出すのにめっちゃ時間がかかってまう。

もがいてたら、俺の後ろ人が並んできた。
バックパックでかいし、コインわからんし。

3,5リンギッドやったんやけど小銭が出せずにもがいてたら、
近くに座っていた人がお金を運転手に渡してくれた。

俺はその人にお礼を言った。
そして、お金をその人に渡そうとしたけど、その人は私の差し出したお金を受け取ってくれなかった。

バスが動いているとき、クソでかいバックパックをひざにのっけてたからな、
前の席とバックパックで俺の顔面が押しつぶされてた。

気付いたらその人、もういなかった。
降りる時にもう一度お礼を言いたかってんけど。

彼は何を思って俺の分のお金を出してくれ、何を思って俺の差し出したお金を拒否したんやろう。
彼は妻とまだ小さい子供をつれていた。

俺はもう彼に対してお金を返すこともお礼を言う事もできひん。

だから俺は別の形で別の人に親切にしよう!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/02/24 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

日本に帰ってきてから1ヶ月がすぎた

P1100406 - コピー

寝る時に雑音は気にしなくてもいいし、
お米はおいしいし、
言葉は通じるし、
なんでも買えるし、
マーガリンは清潔やし、
道は綺麗やし、
どこに行くのも苦労しないし、
友達とは遊べるし、
便利尽くしやな。

でもな、生きている心地が足りひんかもしれん。
どこかしら感じ続けてるねん、この感情を。

生きてる!!!!!!!!!

って叫びたいな。

オレイマイキテルーーーーーーって。

でも迷うねん。俺の中で迷う要素が出来あがってる。完全に。
それが"生きてる"につながればいいんやけどな。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/02/23 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

期待はずれの正解

P1100205.jpg

カナダのバンクーバーに半年間留学に行っていた友達が日本に帰ってきた。

そんな彼女に今の気持ちを聞いてみた。

「風邪引いた」

俺はそういう回答を求めて聞いたんじゃないんやけど、おもしろい子が友達でよかったと思た。

本当に求めていた回答は、それが正解っす。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/22 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(0)

もぐらは冬キャンプ~帰ってきた~

IMGP5089.jpg
昨日、今日ともぐらは冬キャンプに行ってきた。

ヘヴンだった。

さっき、帰ってきた。

ボーーーーッとしている。

楽しすぎて今ブルーだ。

撮った写真を見ていた。

お洒落でシュールな写真の連続、そこにはヘヴンが写っていた。

むしろペンタックスk-xの写真の実力にびっくりした。

なんでこんなアートに写るん。

k-xの力?もぐらはの力?笠置の力?

すべてやと思う。

* * * * * * * * * * 

リーダーUSKさん、改めてリーダーだと思った。リーダーはリーダー。もぐらは大黒柱リーダー。

優しい顔もみじっち、改めて知識の箱、パンドラの箱、大器の持ち主。吹田にいてくれ。

アカギレマイケル、自ら冷たい水へ向かう、ピンクが似合うミスアカギレ。Michael is sincere.

俺、もぐらは大好き。

* * * * * * * * * * 

脳型の話をしようとしてたのに忘れてた。
もぐらはメンバーの脳型は全員違う気がする。

USKさん :左脳左脳型-物事を論理的にとらえ論理的に出す。
もみじ   :左脳右脳型-物事を論理的にとらえ直感的に出す。
マイケル :右脳左脳型-物事を直感的にとらえ論理的に出す。
091    :右脳右脳型-物事を直感的にとらえ直感的に出す。

そんな奇跡が生まれているようないないような。

楽しすぎて反動がきっついな。風呂はいろ。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/21 ] ■カブ カブ全般 | TB(0) | CM(2)

フィギュアとゆたんぽ

真冬のキャンプでも寒くならないチョットした防寒対策がないかと調べてみた。

結論はこれだ。
kyanpu31-set.jpg
この薪ストーブがすべてだ。
買いに行きそうになったが、少し大袈裟かもしれないと思ってその衝動を押さえた。
就職したら真っ先に買おう。


そして湯たんぽを買いに行くことにした。
箕面のvisoraに行った。

湯たんぽを探しているうちにボディショップに迷い込んだ。

店員さんが「試してみますか」と言ってくれたので試すことにした。
でもボディショップを試すってどういうことだ。

おれはココですっぽんぽんになりお風呂に入るのか。
いつものように42度のお湯を入れてみるけど結局熱くて入れなくて水を足して35度ぐらいにする行為をここでも行うことになるのか。

という妄想をしていたら店員さんがぬるま湯の入ったボウルを持ってやってきた。

手を洗って試すという事に気付いた。あぶないあぶない。脱ぎかけてたで。

そして両腕をまくり手を洗おうとすると、泡立てた泡を持った店員さんがこう言った。

「じゃ、右手出してください」

まさかと思ったが手を洗われた。

やめてくれ。普通のショップ内で浮浪者が手を洗われているこの光景を作りだすのをやめてくれ。
それなら42度のお湯に入る方がいい。

P1110340.jpg
って事で傷心した俺はボディシャンプー購入。

湯たんぽは見つからなかった。



************************************
「この子を私に下さいな♪」
※今、ナウシカやってます。耳に入ってきたセリフをかけずにいられません。

「気流が乱れてうまくとべないの~~~~♪」

今日はバンクーバーのフィギュアを見ていてめっちゃ憤りを感じた。

織田信成の演技が終わってのインタビュー。
あのインタビュアーはなんやねん。なんやねんあのインタビュアー。

「悔いが残る演技でしたね」
ってなんで言うねん。

「入賞おめでとうございます」の言葉がなんでないねん。

「この経験を次に生かしてください」
ってなんで上目線やねん。

信成そら泣くわ。泣いてから「無理しないで」ってなんやねん。なんでため口やねん。一体なんやねん。

"超問題児で日本の恥、でも結構いいとこあるねんで、なんやかんやあったけど、結果良いやつやし"イメージをマスコミが作った8位の国母。

"だめ、全然だめ、こんなときに何をやってるねん、あ~~残念"イメージをこれからマスコミに作られる7位の織田。

「もうすぐ夜明けね、すぐいくわ♪」

イメージなしに事実だけをすっぱぬいていくようにせんとあかんで。

「舵をひけ~~~~~♪」
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/19 ] ◆その他 時事 | TB(0) | CM(0)

バンクーバーといえばアッシュっしょ!

目的を見つける事が出来ないムービーを作りました。
ムービー作るの慣れてきたので、いつでもプロモ作る準備、できてます!

まずは下記のDragon AshのVelvet TouchのPVを見てください。
全部見る時間がない人は前半1分、後半30秒でもいいです。


それではどうぞ。
<momiji velvet>

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/18 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(0)

保険証とトークライブ

P1100653.jpg

ようやく、保険証が手に入った。

手続きしてなくて、保険証がなかった。

海外保険は必死に申し込みしたのに、国内では歯医者すら行く権利がなかった。

これで虫歯になれる。これで怪我しても病院にいける。

でも病院は基本行かない文化である。

病院に行くのは熱が40度を超えた時だけにしている。

その時は、病院の待ち時間はベンチシートで死んだように寝転がる。

おばあちゃんに「落ちるよ」と言われても返事は「あぅ。。。」ぐらいの返答が精いっぱいの状況である。

基本、私はすぐに風邪をひく。だから微熱で病院に行っていたらキリがなし。キリがなし。

*****************************************

そんな話はさておき、今週の土曜日は高橋歩氏トークライブに行ってくる。
もちろん一人で。

会場は京都市のどこか。まだ知らない。まだ調べない。

そしてまだチケットが来ない。

1月31日に「順次発送します」と連絡はきた。

まだ、順次ではないのだろう。もう少し、待とう。

カブで行こうかと思ったけど、トークライブの後に高橋歩氏と飲み会があるらしいから公共の機関で行く。電車で行く。

HPには"高橋歩氏と酒を片手に旅の話をしよう!"って唄っている。
少人数なんだろうと思ってた。

そしたらHPにこんな事が追記されていた。

"応募数多数のため、会場を変更します。収容200人のとこから800人にします!"と。

高橋歩氏と酒を片手に話をするためにはまず800人の中から高橋歩氏を見つけなければならないんだと思う。

トークライブという名のリアルウォーリーを探せゲームが始まるのだ。

800人の中から高橋歩氏を見つけるためには1週間ぐらいかかるだろう。

バックパックや寝袋も必要かもしれない。長期戦になること必至だ。

今回のイベントは身を持って"出会いの旅を実感する事"、それが目的なのだろう。

やる事かっこええなあ!!!!!!!!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/18 ] ■旅 in その他 | TB(0) | CM(0)

安全運転で行こう

新規
凍結注意バナナ注意。

近々、僕のカブがスクーターになるらしいです。

おったまげるなぁ。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/17 ] ■カブ カブ全般 | TB(0) | CM(0)

レンズ購入(FDレンズ_70-210_F4.0-32.0)

写真
大袈裟や。
このレンズ、思ったより大袈裟や。

ってことでレンズを購入しました。
canon FDレンズの70-210、F4.0-32.0のズームレンズです。

定価は¥66,000です。
中古で¥1,980で購入しました。センキュウヒャクハチジュウエンです。

まず言いたい。

FDレンズ最高。

FDレンズは80年代にオートフォーカス化の波によって消えた、canonのマニュアルレンズです。
ピントも絞りもマニュアルです。
絞りリングを回すと、レンズの中が絞られてるのが見えます。
アナログに絞りを見る事ができます。
FDレンズで動画を撮ると、被写体が動くたびにピントリングを回す必要がある。
めっちゃ難しい。

FDレンズはフィルム一眼カメラ用です。

FDレンズを装着できるデジタル一眼カメラはマイクロフォーサーズ規格のみ。
マイクロフォーサーズが生み出したフランジバックの短さがFDレンズ装着を可能にしたらしい。

マイクロフォーサーズ規格って事で、この規格を採用しているオリンパス、パナソニックのカメラが該当します。
オリンパスのPENやら、パナのG1、GH1、GF1です。

もちろんマウントをかませないと装着できないけど。

FDレンズの何が良いかというとコストパフォーマンスだと思う。

昔(70年代、80年代)のレンズやし、オートフォーカスじゃないし、市場ニーズがないため、とにかく安い。
でも質はいい。名器ぞろい、らしい。
マウントさえ買ってしまえば、後は低価格で多くのレンズをそろえる事が出来る。
それに、マニュアルも僕は好きなので一石二鳥です。

個人的にマイクロフォーサーズの登場で、FDレンズ市場のニーズが再度拡大し、相場が上がるのを懸念するで。

「なんでパナソニック買ったん??」ってよくなりますが、このFDレンズをつけれるからこそです。

でもマウントが高い。
1万5千円ぐらいした。
宮本製作所ってとこのマウントを使用しています。


FDレンズは2つ目。
一つ目は「50のF1.4」。

F1.4が生み出すボケは最高。
F1.4が生み出す明るさは最高。
たまらんばい。

って事で50F1.4と70-210F4.0を撮り比べ。


P1110324.jpg
↑50F1.4で撮影

70-210_F4_0.jpg
↑70-210F4.0で撮影。

後者、寄れる寄れる。マクロがついてる。
おなじ画角になるように50F1.4をトリミングしました↓
50_F1_4.jpg
ブレてました。ミス。

見比べると、やっぱF1.4のボケには勝てないな。

どっちもこれだけ寄ると、被写界深度の浅さが半端ありません。
ピントあわすのにめっちゃ精神力、視力使います。

このレンズの使用場面は大袈裟に行きたい時やな。

「あ~~~なんだか大袈裟にいきて~~~~」って時にこのレンズつけよ。

「あ~~~バズーカうちて~~~~~」って時も。

FDレンズの魚眼が欲しい。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/16 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(2)