タイトル画像










ムスリム

ブルネイへの旅中にバドミントンをきっかけに知り合った、我がブルネイのパパ、モハマ。

沖縄に行っている時にモハマからメールが来ていた。

なかなか解読が難しかったがどうやらブルネイからシンガポールに家族と一緒に引っ越すという内容だった。

もう今はすでにシンガポールに住んでいる。

また一緒にブルネイでバドミントンを出来ないと思うと少し寂しいけど、次回シンガポールに行ったときはまた会えたらいいな。

わざわざ引っ越しの連絡をくれるという事、それはもう一度再会する事が夢ではない事だと思う。

私は仕事を見つけた報告をした。

そしてメールをしていて気付いたが現在イスラム教を信仰している人たちは断食の時期らしい。

日の出から日没まで断食をするらしい。なんと、水分もだめらしい。

私は根っからの無信仰なので理解しづらいが、いや、理解できないなぁ。

信仰ってなんやろう。きっと難しいので考えるのはやめよう。

今朝沖縄のビーチロックで知り合った人からカフェオープンのメールが来ていた。

メールやフェイスブック、mixiなどつながりが持てる現在はすばらしい。

旅で出会った人たちとはずっとつながっていたい。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 バックパッカー ボルネオ島 
[ 2010/08/25 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

親切

P1090918.jpg
マレーシアのミリでの出来事。

ローカルバスは乗車時に金を払う。
いくらかわからないし、運転手に聞いても正直あまり聞き取れない。
聞き取れたとしてもな、コインを出すのにめっちゃ時間がかかってまう。

もがいてたら、俺の後ろ人が並んできた。
バックパックでかいし、コインわからんし。

3,5リンギッドやったんやけど小銭が出せずにもがいてたら、
近くに座っていた人がお金を運転手に渡してくれた。

俺はその人にお礼を言った。
そして、お金をその人に渡そうとしたけど、その人は私の差し出したお金を受け取ってくれなかった。

バスが動いているとき、クソでかいバックパックをひざにのっけてたからな、
前の席とバックパックで俺の顔面が押しつぶされてた。

気付いたらその人、もういなかった。
降りる時にもう一度お礼を言いたかってんけど。

彼は何を思って俺の分のお金を出してくれ、何を思って俺の差し出したお金を拒否したんやろう。
彼は妻とまだ小さい子供をつれていた。

俺はもう彼に対してお金を返すこともお礼を言う事もできひん。

だから俺は別の形で別の人に親切にしよう!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/02/24 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

日本に帰ってきてから1ヶ月がすぎた

P1100406 - コピー

寝る時に雑音は気にしなくてもいいし、
お米はおいしいし、
言葉は通じるし、
なんでも買えるし、
マーガリンは清潔やし、
道は綺麗やし、
どこに行くのも苦労しないし、
友達とは遊べるし、
便利尽くしやな。

でもな、生きている心地が足りひんかもしれん。
どこかしら感じ続けてるねん、この感情を。

生きてる!!!!!!!!!

って叫びたいな。

オレイマイキテルーーーーーーって。

でも迷うねん。俺の中で迷う要素が出来あがってる。完全に。
それが"生きてる"につながればいいんやけどな。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/02/23 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

MOVIE(ボルネオ島1_日本~コタキナバル)

ボルネオへの旅の動画作成。
2日分ぐらい。
日本出発からコタキナバルまで。
多分最後まで作らないと思う。気が向いたら作ろう。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/02/01 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

もぐらはお迎えとカブ復活

P1100527.jpg

関空へ帰国した際、もぐらはメンバーのUSKリーダー、マイカル、もみじさんがお迎えに来てくれていた。

こんなに熱いグループだったなんて。

いや、もうグループではなくグルーヴだ。あちち。

USKさんが飛行機を撮りに戻らなければ、俺はパスポートを入れた袋を道に放置したまま帰っただろう。

P1100532.jpg
いつもより優しい顔のもみじさん。
新しい紺色のパンツをはいていた。
日本は変わった事を実感した。

P1100531.jpg
そしてこの日、マイケルは母国の南米へ出発した。バイバイ。

P1100544.jpg
とにかくこの日はリーダの決断の早さにびっくりした。

ものを買うとき、俺は迷いに迷う。
二者択一になっても迷いに迷う。
むしろ二者択一で10分ほど考え、答えが出ようという時に新たな選択支いつも入ってくる。
そんな優柔不断の俺からみてUSKリーダーはすごい。

まず、リーダーは1点をぱっと選ぶ。
そして、その1点と次に気になったものを争わせる勝ち抜き方式をとっていく。
しかし、この日は争わせるものがなかったので最初に手の取ったものを買っていた。
すごすぎる。もはや勝ち抜き戦の域ではない。

とにかく、関空へきてくれ吹田まで来てくれたアーティスト軍団MOGURAHAに感謝する。

そして、マイケルが南米から帰って来たとき、また関空で集まろう。

そして俺はネット顔出しOKをここに宣言する。再宣言。

カブ復活の話はまた次回にする。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/01/19 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(4)

JOURNEY FOR THE MEETING

ただいま!

ボルネオ島(マレーシア、ブルネイ、インドネシア)からの1カ月の旅から帰ってきたぜ。

生きています。

そしてこれほど生きていることを実感しながら生きた1カ月は過去ありません。

色々な事がありました。

色々ありすぎて書けません。

とにかく、旅で出会った人々、僕を受け入れてくれた人々に感謝します。

決めていたスケジュールは飛行機の往復日時と初日は空港で寝るという事だけ。

あとはすべてその日に決める。

英語もできない

飛行機も初めて

海外ももちろん初めて

それでもこんなに充実しながら生きる事が出来ました。

毎日が挑戦の連続。すべてが挑戦。

旅の何が楽しかったかと聞かれれば、人との出会いが楽しかったと答えます。

ツアーとかを求めていたのではなく、観光とかを求めていたのではなく、ローカルのリアルを求めて旅をしていました。

あてもなく持って行ったバドミントンのラケットとシューズ。

体育館をみつけ、あてもなく居座ったり。

その行動のおかげでバドミントン交流に成功。

それが今回の旅を大きく変え、多くの人々と知り合いになる。

人生観が変わるなんてありきたりな言葉では言いたくないなぁ。

日本人として、自分として、もっと目指したい、やりたいこともいくつか出来た。

今年の僕の抱負は「欲求を叫べ」です。

これは偉大な自由人、高橋歩さんのウケウリです。

これからも自分の欲求を叫んで行きたい。

旅では毎日箇条書きの日記をつけていました。

記憶は消えてしまうから(とくに俺は消えやすい健忘症だから)です。

その箇条書きからいくつか書いてみます。

また、チョイチョイ日記とかかければいいかと思います。

あ、写真と動画も撮りまくりです。

16GBのSDカードだけでは足りず、8GBを追加しました。

また、アップしますので見てください。
(本当に素敵だと自分で思う写真が撮れたので、もっと多くの人に見てもらえるよう試みています)

 ・赤道到着(インドネシアのポンティアナック)
 ・目の前で現地で出会った人がスラれる
 ・イブの日に野犬に襲われ壁の上で2時間過ごす
 ・ブルネイの人々とバドミントンで交流
 ・年越しはブルネイに大富豪邸におよばれ
 ・ベンツ、BMWなどで色々案内してもらう
 ・オーストラリア文部省の人と旅をする
 ・マレーシア人と旅をする
 ・コンセントアダプタ爆発
 ・マレーシアの海でダイビング成功
 ・コタキナバルに日本人向け英語学校を作るのを夢にしている人との出会い
 ・シャワー中停電で真っ暗の中冷水をあびる
 ・トイレットペーパーが基本ない(一度ギャツビー使用、いらない爽快感)
 ・カンポンアイールの子供達と交流
 ・クチンで韓国人との出会い
 ・地元の人たちとディスコへ
 ・ゴキブリバス
 ・バイクレンタルでマングローブツーリング(モンスーンツーリング)
 
書ききれていませんが、多くの人と出会い、交流することができた。

その人々に本当にオレなんかを受けいれてくれてありがとうと言いたいです。

出会いの旅、ボルネオ島めぐり終わり。

でも外国人を受け入れてくれた事も
英語ぐちゃぐちゃのはずなのに真剣に向き合ってくれた事も忘れてはいけないと思います。

人を受けれる事や尊重することや家族を大切にする事はもちろん、笑顔も忘れてはいけないと思います。

幸せはお金ではないことも。

またきっと外に出ます。

でもやらなければいけない事もあるので、まずはそれをします。

今回の旅で出会った人たちに今度会ったとき、少しでも何か恩返しができたらと思います。

さて、メールの返信からしていくで。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/01/17 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(3)

最終日

1263643262-??.jpg
あ、そうだ、帰国しよう!!!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/01/16 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

モンスーンツーリング!!

1263548102-??.jpg
とりあえず、バイクレンタルに行きました。

選べる車種を見るとオフロードが!!!

これは選べるか聞くと、高くなるけど選べるとの事。

値段を聞くと2日間で2000円ぐらい(ちなみにカブのような
形をした125のバイクは1000円)とのこと。

迷わずオフロード(150cc)チョイス。

そしてテンションあがってキナバル山へ行く事に急遽決定。

片道3時間。

2時間ぐらいしたとこで、モンスーン直撃。

てか今ボルネオ島は雨期です。

ここ3日間雨が降ります。

出発したときは降ってなかったので、半袖半パンのまま出た。

ずぶ濡れになって超寒かった。

やっぱ雨だとこっちでも寒いわ。

んで途中でリタイヤ。

帰って来ました。

明日、雨が振らなかったらリベンジです。

キナバル山は4095メートルです。マウントフジより高いで。

んで近くに温泉もあるで。

明日、最終日。飛行機は深夜出発。

晴れてくれー。

なんでボルネオ島には道の脇に牛みたいなバッファローみたいな動物が鎖
もしないでたくさんいるんだろう。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/01/15 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

バドミントン無理やな~~

1263466351-??.jpg
バドミントン無理ですわぁ。
今日はバドミントンコートのありかをきくために市役所に行ってきまし
た。

しかし、ブルネイのように自由に解放しているのではなく、市役所が管理
をしっかりしているようだ。

そして既に今日も明日も満員のようだ。できないと言われた。

ちきしょー。

さて、どうしよかな。

てかシューズが臭い。おそらく腐っている。シューズはマレーシアに捨て
て行く。

明日の予定がなくなりました。

なにしよ。

バイクレンタルして駄目元でバドミントンコートに行くか、島に行ってス
ノーケリングするか。

はたまた、バイクで二時間半かかる場所に昔日本人が掘り当てたポーリン
温泉があるから、そこに行って温泉満喫するか。そこには吊り橋もあるみ
たい。

でもマレーシア人と交流したいってのが1番。だからバドミントン
まだあきらめずにコートまでいってみよ。多分。

あああブルネイに行きたい!!!

写真は赤道です。
ケツの割れ目と赤道がかさなりあってます。きもちぃー。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 バドミントン 
[ 2010/01/14 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)

コタキナバルにもどってきた

1263393482-??.jpg
ただいま、コタキナバル。
初めて訪れた海外の都市。
一ヶ月前近くの事なのに、まるで昨日の事のように感じる。
今回のジャーニーの最後の都市でもある。
あと3日間。
おっと、この一ヶ月の事をふりかえるのはやめよう。
まだ3日ある。

あとは、この地でバドミントンを再度試みる。

まずはバドミントンコートをざがす。

そしてラケットとシューズを持って体育館に入り、出会いをまつ。

神様、良い出会いをまだください。


今日のはなし。

今日は謎のモテ期が訪れた。

バスでの事だ。

マレーシアの長距離バスも日本同様に座席が決まっている。

しかし、私はいつも一番後ろの席を取る。

後ろが落ち着くからやで。


そしたらマレーシア人の看護士学校に通っている人達が話しかけてくれ
た。

なんかこの日記キモくなってきたので終わり。

人生最初で最後のモテ期はマレーシアのバスで終わったのだった。ちゃん
ちゃん。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 旅行 
[ 2010/01/13 ] ■旅 in ボルネオ島 | TB(0) | CM(0)