タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

24インチシングルスピードで淡路島一周ポタリングしてきました【2】

正直峠で最初っからいきみすぎた。もうちょい後のことを考えてやらなければならなかった。

20140504_115647.jpg
11時56分。また峠。しんどい。しんどいよ。お腹すいたよ。ハンガーノックだよ(嘘)。

20140504_104720.jpg
そおいや書き忘れていた珍事件。
この時は自動販売機で水分補給。
とにかくハンガーノックを起こさないように摂取的にカロリーを摂取しようとファンタグレープをチョイス。
したつもりがコーラが出てきた。
しかもゼロ。
ゼロて!!カロリー必要やからファンタグレープにしたのに!せめて体にもっと悪い普通のコーラだしてこんかい!
ゼロて!!

という珍事件は以上となります。ありがとうございました。




ひぃひぃ言いながら峠をクリア。そしてランチ。

★20140504124656-380
今度こそカロリーを!!!俺にカロリーを!!!!とんかつを!!!!ご飯大盛りからの追加おかわりを!!

そして10000カロリーぐらいを摂取して午後の部スタート。ごっつぁんです。


20140504_135204.jpg
13時52分。
鳴門海峡に来た。
そう、本来アワイチ(淡路島一周を通ぶる言い方、ちなむと琵琶湖1週180kmはビワイチらしい)のルートはここを通らない。ここは端っこなので引き返すしかないのだ。結構しんどい上り坂を含む4km程度の道草となる。
もはや灰になりかけの身ではあるが、鳴門海峡を見ずにアワイチを語るべからず、ちゅーことでムチを打っていってきた。
一部ではただ道を間違えただけという情報もある。



20140504_142323.jpg
14時23分。
うめ丸っていう旅館の前。坂道。死ねる。
もはやチャリを立てかける元気はなかった。死ねる。

20140504_151615.jpg
15時16分。
峠は越えた!あとは大体平坦な道!大学のサークルでの合宿で来た民宿にもちらっとよってみた。
慶野松原荘。懐かしい。いや、むしろ覚えてない。こんなとこやっけ?

20140504_151748.jpg
そばにはわかる人にはわかる伝説のキャンプ場。

20140504_152137.jpg
ムダに写真を重ねる。

20140504_154456.jpg
15時44分。最後の休憩。
多分120km時点ぐらいやと思うんやけど(そのあたりあいまい)、110kmから135kmぐらいが精神的にきつかった。
2kmおきぐらいにサイコンみて距離を確認するけど、思ったり全然すすんでいない。
ケツがいたい。
だから手に加重してケツから体重を逃がす。
けど手も痛い。首も痛い。両のふくらはぎがつりかけている。足先の末端がしびれる。
どんどんローディに抜かれる。抜いてくれ。

20140504_172248.jpg
17時22分。
あ、ちょっと休憩してた。いや、よっただけ、一瞬。休憩じゃない。
ここは以前お嫁サンバと淡路島ポタリングした時にお昼ごはんを食べた公園。
なつかしい。ここは覚えている。

残り10kmぐらい。
ここでちょうど時速24kmぐらいのローディ二人組が抜いていった。
ついていこう。
そしてうしろにつく。

ふとすると自分のうしろにも二人組がついている。

5人のトレインでしばらく走る。
一人やとしんどいけど、複数やと気が引き締まりペースがあがる。

そしてうしろの二人組がラストスパートで我々3人を抜いて行く。

僕はその二人のうしろについて行こうと思いペースをあげる。

ふくらはぎが限界。油断したらつる。特に右足。

なんとかついていき見事ジェノバライン乗りまで到着。

20140504_175630.jpg
17時56分。
走ったぜ。1周したぜ。
結局シングルは途中で2台みただけで、ミニベロはみなかった。ほぼローディ。へ!

とりあえず次に淡路島1週する時はギア比を下げようと思った。
今コグが16Tなので18Tぐらいに出来れば。チェーンの長さ足りるかな。。。
あとはハンドルをあげる。なのでニットーのNTC280の突き出し70mmぐらいが欲しいな。


20140504_180333.jpg
最後に食べたソフトクリームがおいしかたよ。うまかたうまかた。

走行距離150km
乗車時間 08時間05分05秒
平均速度 18.5(おそ!)
最大速度 55.8

ようけ走った。


スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 淡路島 ポタリング 24pista 

24インチシングルスピードで淡路島一周ポタリングしてきました【1】

20140504_154806.jpg

24インチのシングルスピードで淡路島を一周してきました。

どうしよかなかどうしよかなと思いつつ「よし、行こ」と決定したのは前日夜。

当日は5時起き、5時半すぎの電車に乗車。

20140504_065227.jpg
6時52分にはジェノバライン乗り場に到着。
明石駅から乗り場まではチャリで3分程度。近い。

片道大人500円自転車220円安いで!!安いよ安いよ!ジェノバ最高!ジェノバ、ジェノバ!

20140504_065721.jpg
ひたすらローディーばっかり。シングルスピードおろかミニベロもいない。

20140504_065946.jpg
船好きです。あえて外に乗ります。寒かった。

20140504_065951.jpg


20140504_065944.jpg



20140504_070831(0).jpg


なぜこんな同じような写真をとったんやろ。早起きした人間のすることは謎やな。


20140504_065959.jpg
カバン紹介。もちろんクロームのベルリン。容量53L最強メッセンジャーバッグ。バッグだけで重さ2キロ越えだよ。
でもx-strapのおかげで重さを感じない。

20140504_070014.jpg
ストラップにはリンプロジェクトのスマホケース、ピンクのポーチ、スピーカー、ipodを装着。
リンプロジェクトのポーチは、特大スマホのギャラクシーノート2が入ってストラップに装着できる唯一のポーチ。
むちゃくちゃ探したけどこれだけ。ピンクのポーチは結局ギリギリは入らなくて上部分をはさみで切った。それはそれで便利になったけど。
このリンプロジェクトのスマホケースは偶然500mlのペットボトルがジャストフィット!
ボトルケースを自転車につけていないのでラッキー♪

20140504_070020.jpg
海を見ながらアザースの曲を聞くぜ!そら気持ちEでしょうに!たまらんやろ!

と、乗り気ではあるが本当に1周150kmを日帰りで走りきれるかちょっと不安。

ナビはルートラボを使います。ナビといっても止まっては確認、止まっては確認やけど。

20140504_070828.jpg
明石海峡の下を通るよ。7時発だよ。

20140504_072039.jpg
7時20分、出発するで。なぜか緊張するで。不安もあり。



20140504_083036.jpg
8時30分。順調。海が綺麗。天気よし。アザースよし。いいね!


20140504_083334.jpg
淡路島といえばヤシの木でしょ!!!ええ!!!


20140504_090646.jpg
9時06分。ここの広場、幼い頃によく来た場所に似ているので道草。真相はわからない。確認しとこ。

20140504_093628.jpg
9時36分。海が見えない道もたくさんあった。

20140504_101542.jpg
10時15分。出発から3時間。ちょいちょい休憩ははさんでます。島が見えます。

そして南あわじへ。そして、峠へ。

峠あるんかい!!!島1周いうたら海沿い平坦な道を永遠にどこまでもいけるんちゃうんかい!峠あるんかい!

とりあえず南あわじは峠が多いらしい。これはやられたな。
シングルスピード乗りは坂道であっても、絶対ペダルを踏むのをやめてはいけないのだ。
とろとろではあるが必死にペダルを踏む。踏む。踏む。

もう無理。スッと、しれっと、降りた。その後はちょっと下坂道でもスッと降りた。
だって先長いし。ポリシーなんてすぐ捨てるぜ♪ポリシーバイバイ♪

2個目の峠はきつかった。自転車を降りて押しててもしんどい。あぁしんどい。
サイクリングに来たのにウォーキングになっている。サイコンに目をやると時速5キロ。
果たして日帰りできるんやろうか。
きっとあの先を曲がれば坂道は終わる、終わる、終わる、いや、終われ。

その時、僕の目にとある看板が飛び込んで来た。

20140504_111901.jpg

僕はスッと休憩した。心が折れた♪
ちなむと、ローディーでも歩いている人が結構いる。ちょっと安心。
休憩中、クロスバイク乗りの人が自転車を押しながら「半端ないっすね!」と挨拶してくれながらのぼっていった。
彼はさわやかだった。ビアンキ乗りはさわやかなのだな。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 淡路島 ポタリング 24pista 

猪名川ポタ

23.jpg

今日は猪名川ポタへ行ってきました。

直前までどこにいこうか迷ってたんですが、開拓心からの猪名川です。

淀川でもなく、神崎川でもなく、猪名川です。


まずは緑地公園へ向かいます。

そして8月31日にオープンしたばっかのスタバの下見を済ませました。

車で行ける最寄のスタバとなりました!嬉しい!
店内は結構広そう。

ただ、駐車場はタイムズです。でも1時間まで無料。あと30分欲しいところ!でも1時間無料でも嬉しいけどな。




そしてそこから2号線に出て、西へ向かいます。


そして伊丹空港の滑走路の下をくぐり、
イオンモールにたどりつきます。

そして猪名川へ入り北上開始。



2_20120902231753.jpg
やっぱ川沿いは走りやすいなー。
信号、車、自転車の敵がいないってのはすばらしい。



1_20120902231753.jpg
やはり川沿いは平和の象徴ですね。

BBQとかやってました。
淀川よりも人が少なそうで、こっちのほうが穴場的なスポットなんじゃなかろうかい。
むしろBBQの季節って終わったんかい。





4_20120902231752.jpg
嫌な黒い雲が前に顔をのぞかせています。向こう側は降ってそう。






からの15分ぐらいでザザブリ。


ゴルフ場に緊急避難。


20分ぐらいでやみましたが、路面がぬれてしまった。


って事であのお店で昼食をとることにしました。


そうあのお店。



5_20120902231752.jpg
そう、このブルーと黄色のお店です。ブルーとイエローと言えば、世界にこのお店しかありません。







6_20120902231752.jpg
らいらいらいりありあらいらいらいらいらいりあらいらいらいてい。

ギョーザがあまりおいしくなかった。




そしてポタリング時にはカロリーなんて気にしたらあかんで!!!!
むしろ積極的にカロリーを摂取して今後にそなえやなあかんからな!!




背脂、多め!!!!!
(カロリー大事!)



ネギ、多め!!!!
(ネギ、大好き!)



麺、固め!!
(これは、好み!!!)






って事で情熱を注がれているうちに見事路面も乾きました。
そう、それはまるで雨がふってなかったかと思わせるようように。。。





そして出発。





7_20120902233248.jpg
野尻川まで来ました。

やっぱ緑が多いところは気持ちE。
このあたりは細い田んぼと田んぼの間の道をゆっくりポタポタしました。



そして引き返そうってところで、大雨再来キタコレ。




橋の下で雨がやむのを待ちました。






8_20120902233248.jpg
時間をもてあましたので、1人集合写真を撮りました。
テンションが高い時にするポーズのはずなのに、明らかにテンションがあがっていません。

顔が若干斜めになっているのは、持ちあげた時にペダルが顔の前にきたからです。
でも結果逆光だったので、そんなことはどうでもよかったです。
次回は片手で後輪をもってチャリを垂直に持ち上げてみたいと思います。




そんなこんなで1時間弱で雨があがり、お家に向かいます。そう、お家に。





9_20120902233248.jpg
走行距離は60キロ程度。


今回はお尻パットも使用したし、
正しいポジションも少しは出せてきたおかげか、
お尻の痛みも体力も結構余裕でした。



そんな余裕があったので、家の近所までかえって来た時に下りで後輪をすべらせて遊んでいたら、
バーストしました。


すごい音がしました。



誰かに銃で狙われたかと思いました。日本国旗をもぎとられると思いました。


ただのバーストでした。バーストの理由が小学生波にカスだったので、つぶやきもしませんでした。





今回で同じチューブで3回目のバーストなので、新しいチューブをあさひで調達しました。




何回かパンク修理もしていて、慣れてきていると思って手際よくチューブ交換しようとしたら、失敗して新しいチューブまで破裂させてしまいました。


すごい音がしました。



誰かに銃で狙われたかと思いました。日本国旗をもぎとられると思いました。


ただのパンク修理失敗でした。








9_20120902233248.jpg

でもやっぱり、自転車は気持ちEですね。











10_20120902233248.jpg
って事で最初に下見にいっといたスタバへお嫁サンバと行ってきました。
ホワイトモカエクストラホイップヴェンティサイズ。

お嫁はキャラメルフラペチーノトールサイズ。


OPENしてまだ3日目のせいか、あきらかにスタッフがさぐりさぐりで作ってくれたホワイトモカ、おいしかったです。











この後、下痢ピッピになりました。


















9_20120902233248.jpg
でもやっぱりスタバはいいなぁと思いました。
















この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

城陽ポタリング

2012_25205_17_25200_25207-001.jpg

今日は会社は御休みだった。

会社休み=城陽ポタリングというのが世間のルールだ。

思ったよりもペダルと明日が一体化している昨今、ポタリングはとても気持ち、E。




今回のルート

吹田の自宅

神崎川のなにわ自転車道

淀川沿いを行き摂津市へ

高槻市へ入りすぐに淀川新橋をわたり淀川の東沿いルートへ変更し寝屋川市へ

北上し八幡市へ

木津川沿いへ

1号線と第二京阪を超え流れ橋をわたり城陽市へ



今回はせこいことせずに往復チャリでいったので、80kmぐらいだ。

前回の彦根ポタリングが115kmと考えると、思ったより乗った。


2012_25205_17_25200_25205.jpg
淀川から木津川へ入ったあたりの写真。

ええ感じ。

2012_25205_17_25200_25205-001.jpg
角度を変えてもいい感じ。



2012_25205_17_25200_25205-003.jpg
木津川沿いもサイクリングロードが整備されておりかなり走りやすい。
ぐいぐい。



そして第二京阪を過ぎたあたりで木津川の逆側へ渡る必要があった。

第二京阪をつかって渡ろうかと考えていたが、なんだか第二京阪に出るのがうまくいかなさそう。

周りを見渡した時、世界で一番風情のある橋らしきものが見えた。


2012_25205_17_25200_25205-005.jpg

神様からのプレゼント、流れ橋(あとでお嫁サンバから教えてもらった)が現れた。
かなりテンションがあがった。

テンションあがりすぎて、注意の看板を読まずにチャリにのったまま流れ橋へ突入。

10mぐらいすすんでみんなチャリを降りて渡っている社会の現実に気付く。

思った以上に流れ橋と地元の人の一体感が出ている感じだ。




2012_25205_17_25200_25205-006.jpg
橋をふせぐぜ、ワイルドだっせ。







2012_25205_17_25200_25206.jpg
ギリギリを責めるぜ、ワイルドだっせ。




2012_25205_17_25200_25206-001.jpg
普通に落ちれるねんな、流れ橋って。

思った以上に川と橋の一体感を出してくれる感じ。






城陽到着。


お嫁サンバの実家へ。



まず、シャワーを借りる。



次にお昼ご飯を頂く。



仮説として、俺がお嫁の夫でなかったら、俺はただの世話がかかるクソ野郎じゃないか。
夫でよかった。




2012_25205_17_25200_25206-004.jpg
城陽のアイドル、小梅氏と遊ぶ。
俺の耳をタンデムステップのように使い、背中にのる。
悔しいが、ワイルドだ。

背中に乗られると、











思った以上に









自分と










小梅の













一体感を出してくれる。










そしてお昼寝タイム。


お嫁のお母さん、お嫁、お嫁の夫(スナワチオレオレオレ)の全員がお昼寝タイム。
もちろん小梅も。










そして起床し、お母さんから晩ごはんを恐縮にも頂き、
帰路へ。
(文字にすると色々と申し訳ない感が、思った以上に、出てくる)










車で行ったとしたらお嫁の実家まで1時間半。


チャリで2時間。




あんま変わらない。


やはり整備されているサイクリングロードを使うと、早い。






そして今回、帰りの半分ぐらい(60kmぐらいかな)からお尻が痛くなってきた。



ケツ、いてー。



おれの、


けつ、





イテー。






ポジショニングをもっと研究したらお尻の痛さは軽減されるんやろうか?
むしろケツパットが効果的?
もしくはお嫁の実家であつかましくしすぎたせいで神様(ゴッド)のお叱りでしょうか。











カブの乗ってやらないと、エンジンつかなくなりそうなのが2台。







です。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

彦根ポタリング

CIMG2713.jpg


彦根にポタポタしてきたで。


最初は特に彦根をゴールとしていたわけじゃない。
とにかく、いつも通勤で使っている淀川沿いをいけるとこまで北へ行こうと思い立った。
そこから始まった今回のポタポタ。



今回走ったルート↓



走行距離116km
走行時間9時間
となった今回のポタリングを振り返る。



CIMG2680.jpg
今回のポタリングスタイル。
そう、あわよくばどっかに一泊するという可能性を秘めたスタイルである。
寝袋、着替えを詰め込んだ。
結果から言うと、ただのお荷物になったわけやけど、キャラダイスのキャリアが意外に丈夫という証明が出来た。

そして通な人は気付くが、ツールボックス(シートチューブにつけてるやつ)はバドのシャトル入れを僕は愛用してるで。
通な人は気付いてくれるはず。でもフタとんでっていつ中身がなくなるかわからへんけどな。




CIMG2681.jpg
はい、いきなり車につむで。っていうのも今回のスタート地点は摂津にした。
会社に車をとめて、そこから快適な淀川からスタートできるという。


そして、摂津までワープし、淀川をスタート。



CIMG2682.jpg
iphoneはこうやって装着してるで。




天気は最高、世界で一番ポタリング日和やで、今日は(倒置法をまじえて)。


CIMG2683.jpg
淀川に限らへんけど、日本の川沿いっていうのは、平和の象徴みたいな感じよな。
ゾウとハトとカワ、みたいな。みたいな感じ?
"感じ?"出ました。


CIMG2686.jpg
他のポタリスト達ともすごいすれ違うで。トータルでいったら100万人ぐらいすれ違った。
それ程のポタリング日和ですよ。



CIMG2687.jpg
そして未踏の地、淀川終わっていつのまにか桂川だっせ。

川沿いは走りやすいな~車と並走じゃないっていのは、とても、ステキ。



グングングン走れる。
ママチャリサイズのタイヤで桂川で一番早かったのは俺に違いないで。
NO.1オブザカツラガワやで。









グングン走りすぎて写真はない。






CIMG2692.jpg
川が終わり、絶対京都やろっていう街並みに到着した。
しかも人がめっちゃ多いで。ゴールデンウィークまじでやばい。



この時点で琵琶湖に行く事にしたで。1周したいしな。



琶湖目指して走り出すで。ぱたやんも一周したって言ってたしな。





CIMG2693.jpg
気付いたら寺にきてたで。
世界で一番急な上り坂を登りきったら寺やで。
しかも自転車俺だけやで。
いつのまにか進入禁止のとこまで来てしまったんやないやろうか。。。。
"不安"、出ました。




CIMG2694.jpg
ホンマにすごい人やで。
この写真、明らかに自転車入りきってないでしょ。
人が多すぎてさがることすらできなかったあらわれやで。
あとでルートラボみてわかったけど、ここ清水寺やったんやな。そら人多いで。


で、結局行き止まりやから引き返したで。




CIMG2695.jpg
人多すぎですすまへんで。自転車俺だけやで。すまそすまそ。






ほいで1号線に無事入って、あとは1号線をひたすら車道と並走。

車道と並走するポタリングはあまり楽しくないよな。道はガタガタやし、車こわいし。
2割は車道走って8割は歩道。だってこわいしな。交通法的には車道やけどな。

”恐怖”、出ました。





CIMG2696.jpg
はい琵琶湖到着ー!
なんかレースやってるー!
平和の象徴やー!




CIMG2697.jpg
その横で寝転がって休憩。めっちゃ気持ち、E。


あとでアイフォンの写真ライブラリで撮影場所でこの付近を見ていたら、この写真が近くに!!!↓↓





写真
びわこツーリングの時のUSKさんを撮った撮影場所とほぼ一緒。
写真にGPS情報があるとこういう楽しみに方できるからイイネ!


写真 - コピー
通な人にはわかる、これだけボケていても。





追い風やったら、休憩も早めに切り上げて、風と友達になるために、走り出すで。さぁ走りだそかー。








CIMG2698.jpg
追い風と思ったら横風でしんどいで。







CIMG2703.jpg
次の休憩場所は奥に見える岩の上にしたで。




CIMG2705.jpg
岩から撮影。





CIMG2707.jpg
ちなみに、この日のスタイルは上半身地味、下半身の更に半分より下は超派手スタイル。
いかにもサイクリストってファッションはおそらく今後一生しません。





サーハシリダソカー






CIMG2708.jpg
前に嫁サンバと来たカフェ、シャーレ水が浜に到着。


1人で入るのもさびしーので、サァスグニハシリダソカー。




微妙に小雨が降ってきたで。微妙に、な。







CIMG2710.jpg
コンビニ休憩。
バイクスタンドがあるコンビニ、最高!
吹田のコンビニもすべてバイクスタンド設置してほしいね!
ちないに荷物が重すぎて、本来つくはずの前輪まで浮いてしまって、完全にぶらさがり状態です。



CIMG2711.jpg
そう、完全にぶらさがり状態です。






そして、雨がちょっと降ってきた。


って事でコンビニで足止め。琵琶湖一周やばいかも。

むしろ単純に計算して、この時点で15時で、距離的に一周できるのは20時ぐらいになるよな。
単純に見積もって。

って事で漫画喫茶を琵琶湖外周あたりで検索。




ないね。



琵琶湖まわりって満喫ないんやな。





よし、どこかの駅から輪行で帰ろう!


うん、彦根駅がキリが良さそうなので、彦根駅をゴールと決定。

琵琶湖一周はまた今度。



雨がやんで、再スタート(リスタート)!




CIMG2713_20120506232321.jpg
さっきまでちょっとあせってたけど、彦根をゴールとしてから心に余裕が出来た。
雰囲気がよさそうなとこがあったので、草をくぐりぬけて海岸に出る。
ママチャリサイズのタイヤはこういうとこもガツガツいけるから好き。
そう、フェデラルはランドナー。旅チャリのジオメトリーがつめこんであるんだぜ。
良いチャリだぜ。




心に余裕が出来た僕はここでボーっとポタリングをふりかえる。


自転車はカブよりも車よりももちろん遅い。
けど、一番地図が小さく感じた。不思議である。


そして、タイヤが地面を転がる音、

チェーンが車輪をまわす音を感じながら走るのは、めっちゃ楽しい。

それを作るのはあくまでジンリキ。

そういや、ジンリキだけでこんな遠いとこまでは来たことない。


色々なところを旅行したけど、人力できた中で一番の冒険やで。


琵琶湖一周できなかったのは残念やけど、
琵琶湖を見ていると結構でかいことに気付く。

イメージとしては地平線はなく、常に向こう岸が見えてるイメージやけど、
そんなことはない。ビワコイズベリービッグ。オーマイゴッド。


日本はええな~



ハシリダソカー。





CIMG2718.jpg
途中からバーテープをとめてるビニールテープがねちゃねちゃになってきた。
こういうの気になりだすとずっと気になる。
あと、今回の旅はインガスンガスンっていう単語が途中から頭からはなれんくなった。




CIMG2720.jpg
ゴール!!彦根駅!サアカエロカー




CIMG2721.jpg
今回輪行袋を使うのは3回目。まだまだすんなり袋に納めることができまへん。





CIMG2723.jpg
一気に茨木へ。のつもりが乗りすぎて新大阪へ。

引き返してJR茨木へ。ここから会社までが結構あってしんどかった!携帯電池切れてて迷った!




自転車、最高!!




この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

淡路島ポタリング 25kmコースしんどいで編

CIMG1210.jpg

前回の続き

カフェに置いてたカジカジの淡路島特集を見て、ボクとオヨメはさぬきうどんの予定を取りやめ、車にチャリを乗せ、淡路島にやってきたぜ!






前日に淡路島のサイクリングコースを決める。


淡路島は一周150kmぐらい。さすがに一周はきついって事で、ココを見て25kmに決定したで。

25kmなら余裕やろ。そう思ってたで。




ルートラボでコースを描く。むしろこのルートラボめっちゃ楽しいで。標高もわかるわ、iphoneから見ても現在地と連動して見れたり。めっちゃステキやん。これからのポタリングを全部ここに記録していくで。コレクターの気分やで。


標高を見てみてもわかる通り、下り→平地→登りやで。標高差271Mやで。このルートラボを見ただけではそれがどんな数値かっていうのはわからへんかったで。この時は。。。。(←プロローグ)






CIMG1165.jpg
当日、自転車やら必要なもんを車にのっけて出発。トランポが無理やりっていうのがおちゃめでしょ。

運転中にバックミラー見たらちょうどサドルしか見えないというおちゃめな角度キタコレ。




CIMG1186.jpg

はい、一気にスタート地点のあわじ花さじきに到着。この2点倒立がめっちゃしんどかった割にしんどさ感がまったく伝わらないじゃん。じゃん。




CIMG1183.jpg
綺麗な花が若干さいてました。



冬以外はもっとたくさんの花がさいているようですが、冬は若干です。





CIMG1179.jpg
でも、眺めは良い。意外に高い。これが標高270Mの世界か(←大袈裟に言うパターン)




CIMG1175.jpg
でらさんの指導を受け、二人でエビゾウジャンプに挑戦すること6回。これが唯一撮れたエビゾウです。



CIMG1189.jpg

って事で自転車の前輪をつけて出発!いきなり坂を下る下る。






CIMG1191.jpg
あっという間に下ってきて、すぐにお昼ごはんにしました。

作ってきた焼きそばパンをほおばるで。うめ、うめ。




CIMG1193.jpg


CIMG1197.jpg


北淡(←これの読み方わからんけど、淡路島の北部っていう意味やと思われる、推定される)の西海岸ルートはこんな感じでめっちゃ気持ちいい。楽しいルート。

この時点では体力余裕。坂下ってやきそばパン食べただけやからな。





CIMG1204.jpg
江崎燈台。のふもとにある燈台のオブジェクト。燈台を登るほど余裕シャキシャキではない。なんたって、ポタリング後はカフェへ行くんだから。




CIMG1209.jpg
はい、明石海峡大橋到着。海は良い。




CIMG1214.jpg
いっきに北淡(キタアワ?)の東海岸を南下。このあたりは少し海と距離があって、平凡な道が続く。しかもちょっと気持ち登りのような感じ(向かい風やったんかも?)





そして「浦」という交差点を右折して、お待ちどうさん、坂バカコースである。





CIMG1219.jpg
良い風景も広がるけど、






CIMG1216.jpg
マジで坂きつい。。。





汗だくである。つゆだく。





フロントもリアもギアをローに入れてゆっくりと登る。坂バカの気持ちなんてわからねーぜ。






ひーひー言いながら元のあわじ花さじきに帰還!


坂のしんどさが拍車をかけて、帰ってきた感がすごかった。地球一周した感じやった。ブラジルの人に聞こえた感っていうか。。。。






坂のぼってる時に感じてんけど、淡路島1週は150kmあるけど、ずっと島の海岸部を走るからアップダウンはさほどない。でも150kmという数字にびびって東海岸から西海岸をショートカットなんてする者には容赦なく"山越え"が襲ってくる、容赦なく(反復法)。

25kmやと思って軽い気持ちでポタポタしにいったら、やばいぜ? "ぜ?"また出ました。




でも淡路島ってかなりサイクリストを応援してる感じやし、これからもっと行く機会が増えそうだぜ?





CIMG1223.jpg
はい、カフェ到着。(もう車な)



現代美術家が手掛ける、cafe nafsha(ナフシャ)に来ました。



 
現代アートがそこらじゅうに落ちてます。






IMGP8105.jpg
現代アートがそこらじゅうに落ちてます。






IMGP8119.jpg
ここの席、最高でした。






IMGP8122.jpg
あー伝わらない。あー全然伝わらない。あの時の雰囲気、この席のこの窓からの景色の趣、あー伝わらない。




伝えたい、この想い(体言止め)






IMGP8126_20120110000623.jpg
ケーキを注文。体を動かしすぎた後にもってくる甘いケーキは体中にしみわたっておいしかった。


むしろここのお茶おいしかった。なんやろあれ。




IMGP8127.jpg



ちなむとここはランチもやってるけど、こだわりの為、前日に要予約です。







ここに置いてあった雑誌に、はたまた淡路島をとりあげた本が置いてて、それを見てるとまたまた他にも行きたいところがたくさん出てきました。



しばらくは淡路島の魅力にとらわれそうやな。だよな。






って事で明日もまだ休みです。





新規
現代アートがそこらじゅうに落ちてます。




この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

ポタリング  堀江 ~ 海遊館 ~ 淀川 ~ 203

16126155_org.jpg
今日は天気も良いので歯医者に行ってきた。

そしてその後天気もいいのでポタリングに出かけた。

まずは堀江のノースフェイスへ。

自転車のキャリアにのっけるバッグ探しである。

店内でバッグをさがそうとするのだが、どうしてもその他アパレルに神経がいってしまう。

いつの間にかその他アパレルを試着している自分がいた。


右と左で色が違う短パンである。しかも昨日からsale対象になったものだ。


その短パンは2色展開で、

ベージュとブラウンのカラーか

ブルーとパープルのカラーか、、、


どっちも試着した。しっかりと比べた。

ベージュとブラウンの組み合わせなら落ち着いていて何にでもあわせやすい。落ち着いているのに左右で色が違うアヴァンギャルドなところも良い。トラディショナルとアヴァンギャルドのシェアルームである。

しかし、ブルーとパープルも良い。自転車に合うならこっちだ。アヴァンギャルドとポップのシェアルームである。

迷う。迷う。どっちおう買おうか。店員さんはブルーとパープルを推してくる。しかしベージュとブラウンも落ち着いていていいんだぞ!











IMG_4734.jpg
良いものは良い。2つあっても良い。気にいってる7分丈のTシャツなんか色違いを4着持っている。良いものは良い。


しかし履き心地が良い。綿98%なのだが、やばい、伸縮性が。はきやすい。




そんな、ポタリングであった。












IMG_8323.jpg
明日から1泊2日で(月曜日は指定休)旅行にゆく。この近鉄乗り放題券でゆく、伊勢おかげ横町と奈良町散策ツアー。あー楽しみ。近鉄の株主さんありがと~
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

ポタリング~なにわ自転車道→淀川区の西のはて~

------------------------------------------------------------
【タイトル】
 ポテリング~なにわ自転車道→淀川区の西のはて~
<日時>
 2011/06/26
<ルート>
 なにわ自転車道
 淀川沿い
<総走行距離>
 約35km
<時間>
 約2時間15分( 12:03:26 ~ 14:19:59 )
------------------------------------------------------------

ポタリングに行ってきた。そう、ポタリングに行ってきた。

ずっと使っていたようにさらっと言ってみた単語、ポタリング。

そう、和製英語でサイクリングを意味する。ポンデリングと同意と思って頂いて結構。

俺も調子に乗ってポタリングを連呼していたらいつのまにか"ポテリング"になっていて、
ポタリング記録用の記事の画像を"ポテリング"と思いっきり書いてしまった。
こうなったらポテリングでもポタリングでもどっちでもいい。とにかくポテリングでもポタリングでもポンデリングでも"サイクリング"と思って読んで頂きたい。最初からサイクリングとかけよと自分でも思うが、ちょっと通っぽいブログと思わせたいし。うん。サイクリスト目指してたけど、ポタリストに変更するし。うん。



CIMG1131.jpg
初夏である。クソ暑い。こんな時は日焼けもしたいしダイエットもしたいしビールもおいしく飲みたい。そんな時はサイクリングである。

って事でなにわ自転車道をとにかく西へ攻めてみた。川沿いは気持ち、E。



CIMG1132.jpg
最もしゃれている部分のなにわ自転車道。しかし快晴で気持ち、E。早く皮膚を焼いてくれ。小麦色に焼いてくれ。健康的に、見せてくれ。


CIMG1133.jpg
はい、海に到着。この付近まで来ると、結構自由である。上半身裸で寝そべる人や、上半身裸で寝ている人が多い。俺もしようかと思ったけど、初回やしやめておいた。


CIMG1134.jpg
端っこで策を超えて石の上で海を眺めるという臭い事をしてみた、20分ほど。本当は少し昼寝しようかと思ったけど、フナ虫が目に入ってきたので、やめた。フナ虫ってゴキブリやんな。ただのゴキブリやん。今度はゴキジェット持ってこよう。


帰りは淀川沿いをずっと通ってきた。なにわ自転車道でくるよりも全然早く家に着いた。淀川沿いの走りやすさは天下一品である。


とりあえず、日焼けも出来たし、ビールもおいしくのめたし、がっつりしゃぶしゃぶも食べても体重も増えてないし、ポタリング最高キタコレ。


<ルート>

大きな地図で見る
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

ポタリング記録

IMG_4455.jpg

------------------------------------------------------------
【タイトル】
 ポテリング~なにわ自転車道→淀川区の西のはて~
<日時>
 2011/06/26
<ルート>
 なにわ自転車道
 淀川沿い
<総走行距離>
 約35km
<時間>
 約2時間15分( 12:03:26 ~ 14:19:59 )
------------------------------------------------------------









-----------------≪フォーマット≫------------------------
【タイトル】
<ルート>
<総走行距離>
<>

---------------------------------------------------------
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

宇治川サイクリング

1_20110518234814.jpg
火曜日は指定休でした。

月に二度、土曜日出社があるので、月に2度、火曜日がよくお休みである。

平日を有効利用していこうと思う。

って事で宇治川を有効利用してきた。

吹田から宇治川まで自転車でいくのも、もちろん不可能ではない、もちろんである。ドロップハンドルなのだから。でも今回はしれっと車に自転車を積んで城陽まで行った。そこからしれっと自転車でかけめぐった、しれっと。

2_20110518235007.jpg
宇治っぽさ満開である。気持ち、E。


3_20110518235021.jpg
気持ちが、E。



4_20110518235035.jpg
川沿いに自転車を止めてサンドイッチタイム。




5_20110518235051.jpg
塔の島リバービューの席にて落ち着く。




6_20110518235104.jpg
右をみると、段階の世代ちょい上の方々が20人ほど楽しい時間を過ごしていた。平日の有効利用の鏡を見た。



7_20110518235114.jpg
その隣で平日の休みを有効利用する会社員と、しれっとニートの彼女とでサンドイッチをほおばる。どう見てもハムカツとてりやきのサンドイッチである。擬音語で述べると、ペロリンチョと頂いた(1つ余った)。



8_20110518235124.jpg
からの集合写真。写真ではわかりにくいが、後ろの宇治川の水の量がすごいのである。Tシャツはラブカブのシンイチロウアラカワ。



ここで自転車紹介を少ししれっとさせて欲しい。


9_20110518235134.jpg
ARAYAのFederal。ドロップハンドルながら、タイヤサイズが26インチと通常のママチャリと一緒なので、旅用としても向いている(パンクに強いし街の自転車屋でも修理可能じゃん)。元々昭和レトロスタイルではなるが、レトロポップにしようとあがいている。


10_20110518234834.jpg
マイケルのトーキョーバイクの26。トーキョーを走る用のバイク。からの宇治川。コンセプト違反に強い。そして俺のフェデラルより、軽い(笑)カッコワライ  
なぜならば、タイヤサイズがママチャリサイズよりも細いからである(と思う)。俺がひーひー言いながら坂道を登っていっても結構ついてくる。汗の量は俺の方が多い。ちょっと、くやしい。


11_20110518234850.jpg
タイヤがホワイトリボンなのも良い。



12_20110518234904.jpg
ロゴがかっこいい。ドットコム。ドットコムをつけると間違いない。




13_20110518234917.jpg
ロゴがまたまたオシャレである。トーキョーバイクのオシャレロゴを見た後でフェデラルのロゴを見てみようか。












14_20110518234931.jpg


めっちゃダサいで。ハテナマークが出るほどのダサさである。近いうちにアラヤのロゴをすべてカッティングシートで消す準備をしている。マジで。ちょまじで。





15_20110518234942.jpg
でも買ったサイクルショップ203のカードは気に行っている。勝手に宣伝スタイル。





チャリ紹介終わり。






16_20110518234954.jpg
からの集合写真 on the 宇治ブリッジ。
とりあえず自転車での写真はこの写り方が鉄板だと思っている。


フェデラルもトーキョーバイク26もクイックレリーズ方式なのでタイヤの脱着が簡単らしい。とりあえず、前輪の外し方はマスターした。20秒ぐらいでとれ、30秒ぐらいでつけれる。ホンマ簡単でんな。ただ後輪はチェーンとかややこしそうでまだ手が出ない。おーこわ。


自転車用のグローブをつけたらレスラーっぽくなるかもしれない。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。