タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プレミアムラッシュ

dsaf.jpg

日本では公開してませんでしたが、プレミアムラッシュという映画を見た。

GooglePlayで400円でレンタル。
便利な世の中になったよな、だよな。


映画の内容はメッセンジャーが主人公でピストピストな映画

自転車が好きな人なら面白い。

自転車に興味がない人にはおすすめしない。

そんな感じかも。



僕はおもしろかったです。



とりあえず、安全運転こころがけようと思いました。

しかし、映画の中ではメッセンジャーの運転が危なすぎるんですが、
本場のメッセンジャーてあんなに運転あらいもんなんかな?



スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 映画 自転車全般 

しあパン

c0119160_17514287.jpg
しあわせのパン、つまりしあパンを見た。


ほっこりする。



そのウラハラ、つっこみどころ満載。




ほっこりする。



そのウラハラ、内容薄い疑惑あり。






でもほっこりする。


そのウラハラ、嫁が鳥肌を立てたシーンがある。





「いらないんだから!」のところで、トリハダだったらしい。






でもほっこりするよな。とりあえず片側のみのエプロンでも買おうかな。ベージュのな。



この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

僕バイ ~僕たちのバイシクルロード~

1_20120123225757.jpg
楽天マー君はええ子やな~って思いました、091です。投手です。





僕たちのバイシクルロード、略して僕バイを見に行くことになった。


FM802(エイトーツー)でDJのヒロト氏がオススメしているのを嫁が聞きつけ、ゆくこととなった。





行き先は京都。電車で京都なんて、いつぶりやろうか。





P1190565.jpg
辻森自転車商会。京都も自転車ブームであった。ここのお店、めっちゃ古いけど、ショーウィンドウにはトーキョーバイクとかおいてて、オサレ。





P1190566.jpg
映画まで時間があるので、本日のもう一つの目的、レストアの森へ到着。

ここはカフェ、アパレル、チャリ屋(主にビンテージ)が融合したショップである。

おもしろかった。でも以外にサイクルウェアはおいてなかったのが残念。







P1190567.jpg
クレープ。クレープっておいしいよな~






P1190569.jpg
悩みまくって購入したクレープの名前はもう忘れました。







P1190574.jpg
絶対いい絵が撮れると思って無理やり乗せたブランコですが、全然いい絵が撮れませんでしたね。
ブランコの無駄遣いをしてみました。








そして時間もいい感じなってきたので映画館へ向かいました。





P1190584.jpg
京都シネマ。いい感じのミニシアター。






P1190583.jpg
僕バイを見ました。






感じたこと(ネタばれあり)











・やさしいパンちょっとみたい
・ベンパンクしすぎ
・外人は体調回復早いな
・ジャックママチャリやん
・こけたのはジャックのせいじゃないやろ
・旅っていいな





総合的におもしろかったです。旅に出たくなりますね。この気持ちでハワイに行ってきます、2月中旬から。9日間のハネムーン。自転車で行こうかとお嫁に提案してみようかと思います。やっぱしません。







京都シネマが入ってる建物が全体的にステキでした。



P1190590.jpg
P1190595.jpg





魚眼ブームは続く。





この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』

見ました、今更、ながら。


「レインボーブリッジ、封鎖できましぇ~~~ん」のセリフが有名なこの映画。

このセリフのシーンを見て思った。

言葉だけが有名になり一人歩きしていて、実際の映画では全然普通の一言。なぜこのセリフがこんなに有名なのかわからない。

スラムダンクで例えるなら「下手したら喰われるぞ」ぐらいのセリフだね。いや、もっとどうでもいいセリフかも。

とりあえず、深津絵里のファンなら見るべき映画である。

はい以上。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

「悪人」

暗い映画である。

もしくは、重い映画である。

明日は休日、ちょっと天気も良いしお外に出てピクニックかな、でも日焼けしたくないからお部屋でDVDでも見よっかヾ(@⌒▽⌒@)

というノリでは絶対見てはいけない、ダメ、ぜったい。





人生に疲れた、光が見えない、小指ぶつけた、お風呂めんどくさい、ちょっと太った、
そんな気分の時にも見たら更に沈んでしまう、ぜったい、だめ。


じゃあいつ見るねん、というと、妻夫木君("君"、出ました)やら深津絵里が好きになった時に見る映画である。






はい、以上!!!


この記事のタグといっしょの過去記事を検索:

ハウルの動く城

ハウルの動く城を初めて見た。


よくまわりからは「面白くない」という声を聞いていた。


その通り面白くなかった。


なんだか府に落ちない部分が多すぎる。

きっと何かメッセージ性があるのかもしれないが、私のようなメッセージをうけとるに足らない思考の持ち主が見てしまった時には、そらもう全然面白くないかゆい所に手が届かない気持ちである。

例えるなら、足の皮の分厚いとこを蚊にさされて満足いくまでかかれへん、といった状態である。


でも、火のやつのものまねは習得できた。でも今さら公開する場はない。



この記事のタグといっしょの過去記事を検索:









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。