タイトル画像










日本から持って行って海外で喜ばれるモノ

日本から持って行って海外で喜ばれるモノを下記にまとめる。

対こども、対おとな等の状況で変わってくると思うが、
何かのお礼、仲良くなるきっかけなどに使えればと思う。

出来ればお金がかからず、荷物もかさばらない方がベター。

■こども編
 ☆紙風船
  かさばらないし、かつ日本らしさもある。
  普通の風船でも可。
 
 ☆御煎餅
  日本の味を、こどもはおやつに、大人はお酒のおつまみに。
  
 ☆折り紙
  鉄板。鶴とか折ってあげたら良い感じ。
  更にただの折り紙じゃなくて、千代紙にすると小粋。
  レパートリーが少ない人はダイソーで折り紙教本を購入してください。
  
 ☆手品
  私の場合はつまようじを2本もっていく。
  
 ☆ミサンガ
  その場でちょちょいと編んであげると良い感じ。
  編めるようになりたい。
  
 ☆似顔絵
  クロッキー出来る人は羨ましすぎる。
  アトリエ通って練習しようかな。
  
 ☆知恵の輪
  
 ☆万華鏡
 
■大人編

 ☆雑誌 
  男⇒車雑誌
  日本のチューニングカーに憧れている。
  女性ならファッション誌
 
■その他編
 ☆日本の写真
  家族、友達、名所などの写真をミニアルバムにして持っていくと話のネタになる。
  後は家族を見せたりすると、不信感もなくなると思う、ていう心理も兼ねて。
  
 ☆5円玉
  実は穴が空いているコインは珍しい。
  5円って事で価格的にも大丈夫。ブルジョアば方は50円玉を。
  
 ☆ポラロイドカメラ
  その場で撮ってその場で提供できる。
  
 ☆ボールペン
  よくわからないが、ニーズがある見たい。
  特に3色ボールペンとか。
  家にボールペンがたまっていたらいいかも。


こんなとこかな。
旅のスタイルに合わせるのはセンスかしら。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/03/16 ] ■旅 in その他 | TB(0) | CM(4)

保険証とトークライブ

P1100653.jpg

ようやく、保険証が手に入った。

手続きしてなくて、保険証がなかった。

海外保険は必死に申し込みしたのに、国内では歯医者すら行く権利がなかった。

これで虫歯になれる。これで怪我しても病院にいける。

でも病院は基本行かない文化である。

病院に行くのは熱が40度を超えた時だけにしている。

その時は、病院の待ち時間はベンチシートで死んだように寝転がる。

おばあちゃんに「落ちるよ」と言われても返事は「あぅ。。。」ぐらいの返答が精いっぱいの状況である。

基本、私はすぐに風邪をひく。だから微熱で病院に行っていたらキリがなし。キリがなし。

*****************************************

そんな話はさておき、今週の土曜日は高橋歩氏トークライブに行ってくる。
もちろん一人で。

会場は京都市のどこか。まだ知らない。まだ調べない。

そしてまだチケットが来ない。

1月31日に「順次発送します」と連絡はきた。

まだ、順次ではないのだろう。もう少し、待とう。

カブで行こうかと思ったけど、トークライブの後に高橋歩氏と飲み会があるらしいから公共の機関で行く。電車で行く。

HPには"高橋歩氏と酒を片手に旅の話をしよう!"って唄っている。
少人数なんだろうと思ってた。

そしたらHPにこんな事が追記されていた。

"応募数多数のため、会場を変更します。収容200人のとこから800人にします!"と。

高橋歩氏と酒を片手に話をするためにはまず800人の中から高橋歩氏を見つけなければならないんだと思う。

トークライブという名のリアルウォーリーを探せゲームが始まるのだ。

800人の中から高橋歩氏を見つけるためには1週間ぐらいかかるだろう。

バックパックや寝袋も必要かもしれない。長期戦になること必至だ。

今回のイベントは身を持って"出会いの旅を実感する事"、それが目的なのだろう。

やる事かっこええなあ!!!!!!!!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/18 ] ■旅 in その他 | TB(0) | CM(0)

バックパッカーメモ(基本情報、マメ知識、知っ得情報)

サングラスのレンズだけ取れてしまった。
ちょりっつ、091です。

バックパッカーの自分用メモを書いておく。

ちょっとした役に立つ情報。豆知識。

忘れないように。

【あれば便利なちょっとした持ち物】
下記に持ち物関連を書く。しかし、特に意外性が高い持ち物はない。
お金とパスポートがあれば、あとは付属品にすぎない。

・着替え
 基本3日分のローテーション。
 行きと帰りの荷物を少なくしたい場合、物価が安ければ現地調達、現地廃棄でOK。
 
・ガムテープ
 安宿に泊まる場合、網戸が破れていることがある。
 そんなときはこれで穴をふさぐのだ。モスキートンの侵入を許してはいけない。
 あと、細く折りたたむ事でヒモになる。
 ヒモにして洗濯ヒモとして利用した。
 封を明けたパンの袋もこれでしばった。
 
・ヒモ
 むしろガムテープでヒモを作るより、ヒモがあればいい。
 ただ、荷物を少なくしたいなら、ガムテープ1本で。
 
・国際運転免許証
 バイクや車に乗れれば、もう自由。
 時間など気にすることなく移動が可能になる。
 海外でバイクや車を運転するためには国際運転免許証を日本で作っていく必要がある。
 申請して30分ぐらいで入手可能。3000円ぐらい。俺的にはマスト。
 
・トラベラーズチェック
 旅行用小切手。
 盗まれても再発行可能だから現金で持ち歩くよりとても安心。
 注意点としては、現地で両替ができるかどうか。事前に調べるべき。
 
・クレジットカード
 便利でもあり、少し怖くもある。
 しかしもしもお金が予算を超えてしまうと見込まれた場合は、もってきて助かったと思う。

・ムヒ
 海外は何かとかゆい。ムヒが欲しくなる。モスキートンの攻撃を許してはいけない。
 ムヒはどこの国でもあるものではない。もっていくのがベスト。出来れば小さくして。

・バンドエード
 いるいる。

・サンダル
 サンダルの形状は、親指と人差し指の間に止めがないもの。
 あの形状は長く歩くと痛くなる。
 
・ビニール袋
 めっちゃ必要。
 バックパックに入れて置く荷物を私はすべてビニール袋にいれてから入れた。
 防水対策になる。
 あとは、食事がなかなかとれなくなる前に、パンなどを入れておくためにも使用できる。
 
・コイルヒーター(?)
 ハテナを付けたが、私は持ってない。でも、欲しい。
 コイルヒーターはコンセントの電流からコイルへ発熱される機会。
 お湯をたける。一度持って行ってみたいが、なくてももちろんかまわない。
 自分の中でのイメージとして、旅人にとってのコイルヒーターは、ポールスミスにとってのRニューボールドです。なくてもいい(はず)。

・石鹸
 必要。シャワーを浴びる時はもちろん、手洗いでの洗濯でも使う。洗剤と分けてもいいが、そんな細かい事は気にしたくない。

・薬
 バファリンと正露丸と酔い止め。
 結局使ったのはバファリンを1回だけ。
 正露丸はいらないと思った。むしろ出さないといけない。
 
・トイレットペーパー
 中の芯を抜き取ってコンパクトに、インパクトをコンパクトにして持ち運ぼう。
 トイレ時はもちろん、他にも色々使うやろ。
 ポケットティッシュと分けてもいいが、そんな細かいことは気にしてはいけない。
 
・コンセントプラグ
 日本のコンセントの形状と違うければ絶対必要。
 BFタイプやらCタイプやら各国によって形状が違うが、どのタイプにも対応する組み立て式の物があるのでそれがオススメ。
 ちなみにドライヤーや炊飯器はコンセントの形状があっても電圧の問題で使用は不可のはず。
 コンセントの形状と、もっていく電化製品の電圧が何Vから何Vで対応していて現地の電流は何Vか確認しよう。

・Cカードとログブック
 ダイビングをする人はCカードとログブックは忘れずに。
 でも海外だとログブックをつける習慣がないところも。記録を残したい人はサインを求めよう。

【知っておくと得な事】
・海外保険について
 海外での病気、事故、物損などの場合、保険に入っていると自己負担の費用が発生しない。
 
 まず、入るべきか入らないべきか。
 入るべき。
 
 なぜなら、仮に保険を使用しなくても(ほとんどの場合しないはず)、保険をかけるために出した
 金額は大したことがない出費だから。
 
 しかし、注意必要。
 大した事がない出費にするためこれだけは知っておかなければならない情報がある。
 
 それは"バラ売り"にて保険を購入すること。
 
 旅行会社などで勧められる保険は、ほとんどパックとして提示される。
 病気、死亡、物損などなど多くの保険の商品があるのだが、ほとんどの商品を入れたパック状態で提示してくる。
 
 これをそのまま買っていはいけない。
 「バラ売りでお願いします。」と言おう。
 そして、自分の旅のスタイル、自分の環境にあった商品のみを適切な価格で購入しよう。
 
 私の場合は、パックなら一番安くて12000円ぐらいの商品をばら売りにしてもらい、結果4000円弱にした。
 
・海外のバスは雨が降れば水が入ってくる。
 席もそうなのだが、問題は荷物を入れるスペースはかなり浸水する。
 一度バックパックが浸水した。
 それを経験してからはビニール袋で荷物をこまめに分けてある程度の水にも耐えれるようにパッキングするようにした。
 バックパックに雨用レインが付いているのであれば、それをかぶせてバスに乗っける事も忘れてはいけない。
 
・バスタオルは大きいものは持っていくな
 ハンドタオルのみでも問題ない。
 私は小さめのバスタオルを持って行った。ダイソーで200円で買った。
 
 
【こんなリュックが旅に向いている】
 多くの人が登山用のリュックを買ってしまっている。
 しかし、登山用のリュックの多くはセキュリティー的にまずい。
 まず、巾着袋のように上部をひもできゅっとしばるタイプになっているものはあまりよろしくない。
 ロックがしにくいからだ。南京錠ではむり。ワイヤー式ロックを買ってワイヤーを通したりする必要がありめんどくさい。
 
 リュックに求められるものはセキュリティーを考慮したロックのしやすさと思う。
 
 ただ、ロックばかりしていると逆に宝物の匂いを感じさせる事もあるという。
 どないしろっていうねん。
 考えた結果、ボロボロのリュックではあるがロックはしっかりしているものが良い。
 
 
【その他】
・「何か日本の歌を歌ってよ!」
 と、言われた場合、みなさんなら何を歌いますか。
 俺はそう言われて何も思いつかず歌いませんでした。最低野郎です。日本人失格です。
 今思うと、ドラえもんの歌か世界に一つだけの花を歌えば良かったと思いました。
 ドラえもんは世界基準です。世界のどらえもんです。有名です。
 世界に一つだけの花もしかり。世界の世界に一つだけの花っです。
 
・Facebookを作っていこう
 Facebookとは日本で言うmixiです。
 日本はmixiの一人勝ちですが、海外で有名なソーシャルネットワークサービス(SNS)はfacebookです。
 留学経験のある方は実は大抵の人が持っているはず。
 私もアカウントだけ作ってから旅に行きました。
 結果、現地人、日本人あわせて17人の友達が加わりました。
 旅でであった人とはいつまでもつながっていたいと思う人は是非。
 


この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/01/29 ] ■旅 in その他 | TB(0) | CM(0)

カブカブジャーニー 西 一日目

1257601502-??.jpg
携帯からインスタント更新です。

今日はキャンプ場を見つける事が出来たのでここで寝ます。暗い。ランタ
ンあってよかった。
今日は姫路城を見た。
このペースやと広島までいけるな。中部一周しよかな。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/11/07 ] ■旅 in その他 | TB(0) | CM(0)

旅にゆく

P1080014.jpg
明日から旅にでます。
行先は「西」です。
それ以外は何も決めてません。
ルートも、宿も。

P1080016.jpg
箱をつけました。
ヤフオクで落としました。
昨日直接取りに行ってきました。
貝塚市は遠かった。
貧乏091は下道で行った。
混んでるし2時間ぐらいかかった。

近くにりんくうプレミアウアウトレットがあったから買い物した。
貧乏やのに買い物した。
貧乏やのに帽子を2つも買った。

P1080011.jpg
久々にダブルシート外したらちょっとかっこいいと思ってしまった。

ケツのラインかっこええやん。

P1060990.jpg
電動ドリルで下に穴をあけてキャリアと合わせる。
キャリアはアウスタのロングキャリア。しかもステンレス。貧乏やのにステンレス。
貧乏ネタやめよ。

P1080017.jpg
ハンドル幅は超えてないからすり抜けには問題なし。
なぜか虹色ラインが。

P1080026.jpg
こうすることによってベッドが出来る。
この箱、前からもあいて、後ろからも開く。
すぐれものや。

P1060862.jpg
おっと、間違えた。

P1080035.jpg
LEDのランタンは父譲り。父はキャンプが趣味やったから結構なんでもある。

旅に出る前にカメラの話をさせてくれ。
上のLEDランタンの写真とかきれいでしょ。

レンズを買ったのだ。

IMG_0659.jpg
これ。
canon FDレンズの50mmのf1.4。
FDレンズは80年頃のレンズ。
レンズのAF化によりcanonのレンズ規格が変わりFDレンズは衰えていく。
フランジバックが短く現在のデジ一眼でも代用できなかった。

ここでマイクロフォーサーズの登場。
マイクロフォーサーズはレフレスにより劇的なフランジバックの短さを実現。
これにてFDレンズがマウントをつけることにより使用可能に。

ちなみに私はマウントは近代インターナショナルのFD-M4/3を使用。
ヨドバシで15000円。

FDレンズは名器の50mmの1.4。
これ、2480円。やばい。FDレンズやばい。
マウントは高いけどレンズは名器が激安。
やばい。
マイクロフォーサーズの登場でFDレンズの価格があがりませんように。

ただ、ピント、絞りともにマニュアルっす。動いているものはあんまりとれなさそう。
一瞬を狙う撮影にはAFがやはり良い。
でもじっくり撮るときは眼で確かめてピントをクルクルあわせながらとるのが私は好きだ。
もともとレトロが好きだ。
しかもGH1はピントのアシストってのがあり画像を拡大しながらピントを合わせられる。

このFDレンズ50mm1.4はボケがたまらん。
↓こんな感じ

P1060994.jpg

P1060993.jpg

P1060983.jpg

P1060992.jpg

P1060986.jpg

それではジャーニーからは12日に帰ってきます。
今回はノートPCもっていきます。
どっかで無線LANできたら更新すっぞ。

なぜかスケッチブックを買った俺ダレ。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/11/06 ] ■旅 in その他 | TB(0) | CM(0)