タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本からとても遠い島、父島

CIMG0613.jpg
父島へ行ってきた。

父島から帰ってきて早2週間がたつ。
色々忘れないうちに日記は書いておこうと思っていたが、なんせ2週間の旅行を書きつづるのは腰が重かった。

今日、ようやく重い腰をあげる。

父島を知ったのは2か月ほど前でインターネットで知った。

国内旅行をしようとして色々調べていた時だ。
私は自然が好きで特に海が好きなので島に行こうかとは思っていた。

島を中心に探していたら父島という単語を知った。

父島は東京都にある。

なんだ、東京都か。
そう思い場所をグーグルマップで調べてみて目を疑った。

tizu.jpg

父島、やばい。
もはや日本ではない。
あまのじゃくの自分としては最高である。
沖縄ではなく父島がいい。

行き方を調べてみるとさらにびっくりした。

まず、手段は船しかない。

空港はない。

下の船が東京は竹芝から出ている(浜松町あたり)。
P1050495.jpg
おがさわら丸という船だ。

そして父島へは25時間半かかる。

一日以上かかる。

あまのじゃくの俺としては最高である。武者震いすら感づる。
かつ2週間に一往復だ。一回行ったら一週間は帰ってこれない。最高。

そして日本ではない(と俺は思う)場所へ、何があるのか想像もつかない場所へ、大阪から東京へ夜行バスで東京から父島へおが丸で行ってきた。

P1050535.jpg
↑2等はこんなもんだ。人間テトリス。


↓おが丸から父島へ到着寸前のときに撮影。
鳥はおが丸にずっとついてきていた。それは船でびっくりして飛び出すとびうおを狙っているからだ。


↓父島の町並みを撮影。向こうではレンタルバイクを使用。父島は非常に小さな島でバイクなら島一周に1時間かからない。島民は2000人程度だ。ちなみに動画でズームしている緑色の屋根の施設、これが今回2週間お世話になった小笠原ユースホステルだ。YH会員にもなった。


↓町並みを撮影。今回はGH1をもっていった。レンズは付属の14-140。
P1050639.jpg


↓島パワー。小笠原は空をも飛べるパワーがある。
P1050637.jpg



P1050589.jpg
↑バイクで走っていると動物注意の看板が。


P1050591.jpg
↑??????


P1050600.jpg
↑!!!!!でた!!山羊!!そう、小笠原には野山羊がいるのだ。ペットから野生化したものだそう。いや~びっくり。父島の南西あたりの生息する。ジョンビーチあたり。


↑バイクで近付いてみた

P1050599.jpg
↑倒れている木。おそらく台風の影響だろう。

P1050620.jpg
↑きれいな浜。いや~きれい。

P1050611.jpg
↑!!!!カブ!!しかもカスタム度が高い!!なぜ小笠原にもカスタムカブが!!施設の中に停めてあったのでこれ以上は近づけませんでした。気になる。。。

P1050536.jpg
↑父島の町の風景。リゾート感があった。

P1050593.jpg
↑父島は塩の原産地でもある。

P1050646.jpg
↑そして島原産で最も有名なのがレモン、島レモンである。ライムに近いレモンだ。上のパンはおが丸の出港日しかオープンしないパン屋、ローカルベーカリーで買った。ビーチで食う島レモンのパンや最高においしかった。ちなみに小笠原の物価は高い。定食屋に行くと平均1000円だ。船でしか内地から食料を受け入れられないからだろう。さらにちなみに、おが丸はディーゼルエンジン、重油を使用しており往復で600万円の油代がかかる。他にも人件費やらなにやらあるのでC等で2万4千円ってのも納得。

P1050548.jpg
↑ウェザーステーションという場所でのサンセットはやばい。
毎日夕刻になると人があつまってき、サンセットを眺める。









↑鳥にえさを。さすがの父島でも鳥は警戒心あるんだな。でも都会にくらべたら全然警戒心ないな。
とにかく小笠原は空がでかい。地平線まで雲が見える。空気がきれいだから。あんなにでかい空を見たのは初めてだ。空気もうまい。


さぁ、父島の醍醐味はなんといっても海だ。よごれていない海。
写真と動画を掲載。ちゃんと自分で撮影しました。
CIMG0638.jpg

CIMG0643.jpg

CIMG0646.jpg
CIMG0684.jpg
CIMG0726.jpg
CIMG0731.jpg
CIMG0565.jpg
CIMG0580.jpg
CIMG0604.jpg
CIMG0611.jpg
CIMG0613.jpg
CIMG0633.jpg

イルカいました。びっくりしました。野生のイルカ。
次は動画っす。コンデジでの撮影。エクスリム。ヨドバシで水中でも撮影できるパックを購入していきました。





↑マッコウクジラです。



































↓見送りの時は下のようなことをしてくれる



あと今回、ダイビングライセンスを取得した。オープンウォーターである。これで世界中の海を潜れる。

初めての一人旅。それでも2週間同じユースホステルにいるとみんなとも仲良くなる。
この時期、小笠原には色々な人がいた。非日常を2週間すごした。
空気がおいしい、空がでかい、日差しがきつい、海がきれい、生物が多い、島の人とすれ違うと挨拶をかわす。

夕方になるとウェザーへいって夕陽をみる。夜になると星をみる。朝は朝日を見る。

人との出会いがある。

今回オープンウォーターを取得したダイビングスクールでインストラクターさんがいた。
私はバドミントンのユニフォームを着ていたら、インストラクターさんも島でバドをしている人だった。
そして特別に島のチームの練習に連れて行ってもらえた。そこからさらにつながり別の日に自衛隊の体育館での練習にも行きバドミントンで島の人と交流できた。
ちょっと中田になれた気がした。

インストラクターは若くして自分の好きな事を仕事にし、毎日前向きに頑張り、何より楽しんでいた。
インストラクターさんに限らず、島民の方々はどこがおおらかだ。島では水着ですごす人がおおい。おしゃれをしている人も少ない。私もノースフェイスのTシャツやらバドミントンのTシャツやら少しこだわりがあるだけでラフに過ごした。スローライフが島にはある。

やはり自分は自然が好きである。
おが丸では2時間もデッキにいた。海をみて空を見ているだけ。でも飽きない。

内地に帰ってくると空気がまずい。気持のもちようってのもあるかもしれないが、空気がまずい。視界が悪い。星が少ない。東京湾なんてひどい。あのコテコテの海水を作っている東京。人間。東京には住めないな。大阪も一緒か。

渋滞なんて見ると気分が悪くなる。廃棄ガスはきまくり。車の窓をすぐに閉める。前までは何も感じなかったのに2週間自然に囲まれただけでこれか。

最近、テレビで夫婦が50過ぎに早くもリタイアをしてマレーシアでのセカンドライフを過ごしていのを取り上げていた。早期リタイア、俺もしよう。50歳でしよう。

はてさて、一人旅でゆっくり自分と向き合えるかと思ったが、特に向き合えた気はしない。
ただ、温室育ちの私にはめずらしくハングリー精神が芽生えた気がする。
それと自然が好き、特に海が好きだと思った。船も好き。

ジャーニー091、パスポートの申請をする。
パスポートが出来るまで、国内の旅をする。
そして海外への行先はほぼ決まった。ジャーニーあまのじゃく091でした。
スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/10/27 ] ■旅 in 小笠原 | TB(0) | CM(4)

予備メモリ

1254313444-??.jpg
一眼に入れメインで使ってる16GBのカードだけなら恐らくたりない。
だからUSBメモリを持っていく。
8GB×2、4GB、512MBこれだけあれば足りるやろ。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/09/30 ] ■旅 in 小笠原 | TB(0) | CM(0)

人生とは人生であり、旅とは旅である

おっす、オレ中田。

今日から父島にいってくっぞ。
2週間携帯つながらねっぞ。

父島って東京都だっぞ。
でも緯度は那覇ぐらいだっぞ。

野生イルカと泳いでくっぞ(ほんと)
深海2キロにいってくっぞ(うそ)
スキューバダイビングしてくっぞ(ほんと)
スカイダイビングもしてくっぞ(うそ)
野生クジラみてくっぞ(ほんと)
光るキノコみてくっぞ(ほんと)
一人でいってくっぞ(ほんと)
東京都から船で25時間半かかっぞ(ほんと)
週に一度しか船でてねぇぞ(ほんと)
津波に襲われっぞ(ほんとかもしれない)
ユースホステルにとまっぞ(ほんと)

ほんとは3週間ぐらい行きたいが姉の結婚式があるから帰ってくっぞ!(ほんと)
俺も結婚すっぞ(うそ)

では行ってきます(ほんと)
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/09/30 ] ■旅 in 小笠原 | TB(0) | CM(0)

小笠原諸島へ

1254071942-??.jpg
月末から小笠原諸島へいってきます。写真はでっかいリュック。買った。
でも30リットルぐらいかな。海外はきついかも。
小笠原諸島はすごそう。ちなみに携帯の電波は入りませんのであしから
ず。あーやばい早く行きたい。
2週間いってきます。バックパッカーになりたい。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/09/28 ] ■旅 in 小笠原 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。