タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サムヤンマイクロフォーサーズ魚眼おもろい

2012_ 1_14_21_46
ついに届いたで。

Samyang 7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT。


マイクロフォーサーズ規格の安価魚眼レンズやで。安価いうても3万やで。普通に考えたら高いで。パンク修理30回分ぐらいや。パンク自由にできる権利か、魚眼か。


魚眼をとったで。




2012_ 1_14_21_43
思ったよりしっかりした包装。





2012_ 1_14_21_44
思ったよりしっかりした作り。
色は黒とシルバーがあって、今回はあえてシルバーにした。




理由は"なんだか通っぽい"から。



2012_ 1_14_21_46
装着。シルバーがかなり浮いている。でも通っぽいので、OK!its OK!



2012_ 1_14_21_47
かなり小柄なレンズである。パンケーキレンズぐらい小型。





そして魚眼にて撮影した写真をば。。。








P1190528.jpg

スタバのケーキ。




P1190527.jpg
トマオニのコーンスープ。






P1190529.jpg
からのスタバ小野原店のディスプレイ。トマオニをスタバではさんでみました。







P1190539.jpg
家の時計。









魚眼、めっちゃおもろい。



なんというか、写真に力がこもるね(←通っぽいコメントパターン)







写真に、









力が









こもるね。








なんていうかねぇ。










力がこもるね、写真に。











レンズに当たるんちゃうかってほど、被写体に近くによれる、けど、撮れた写真はそんなにも寄った感じではない、でも写真に力がこもる。これが魚眼か。。。







マニュアルフォーカスについては、少し慣れが必要やと思う。




FDレンズ50mmF1.4のマニュアルレンズで慣れていると思ったけど、やはり勝手が違う。ピントあわせが難しい。


P1190527.jpg
現にこのトマオニのコーンスープのピント、どこにあってんねん。カップよりさらに手前にピントあってるやんん。取っ手ぐらいのとこ。



だから開放値は高めに設定した方がいいかもしれん。それに、魚眼に関しては背景をぼかさずに全体を撮った方が写真に力がこもる気がする。




いつもの開放大好きボケ大好きな感じでとっていくレンズではないのかも。





CANONのFDレンズとは絞りリングの回転方向も違うのがちょっと慣れない。






しかし楽しい魚眼。








・ズームレンズ


・単焦点レンズ


・魚眼レンズ




この3点で僕はレンズは満足やで。コンプリート感があるで。これから無駄に魚眼の写真をとっていくで。むだに。


スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2012/01/16 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(2)

サムヤンのマイクロフォーサーズ規格の魚眼が日本発売


無題


「レミオロメンの藤巻さんソロデビュー」とラジオで聞いて、去年と今年で一番ビミョーなソロデビューと思いました、091です。



むしろレミオロメンやん。っていう感想のみです。





さて、前回"マイクロフォーサーズの魚眼欲しいぜ、でもパナソニック製の魚眼は高いぜ、おっと、韓国の謎のレンズブランドサムヤンからマイクロフォーサーズ規格の魚眼が発表されたぜ、でも日本未発売だぜ"っていう記事を書いた件なんですが、通りすがりの親切な方がフジヤカメラで1月中旬発売、予約可能との書き込みをしていただきました(その節はおせわになりました。)


Samyang 7.5mm F3.5 フィッシュアイです。

富士カメラというところでも発売してますね、今みつけました。



すぐに予約しました。


そして今日、フジヤカメラさんから入荷連絡が来ました。




そして振り込み手続きをしました。←今ここ




これで今年の結婚式は魚眼で撮りまくりです。どんな人でも丸顔に撮ってみせます。最初から丸顔の人を撮ると、逆にもっと丸く写ります。いや、順に丸く写ります。順に、です。





また届いたら世間一般で言うところのレビューってやつを書いてみたいと思います。








この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2012/01/12 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(0)

Samyang 7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT

Samyang_7p5mm_black+silver.jpg

そらもうはみ出ちゃう程ですわ。


画像もはみ出る程って事ですわ。




何がはみ出るほどかというと、魚眼レンズの物欲がはみ出るんですわ。

いうたら魚眼レンズが欲しいって事やな。








結婚式でプロがあやつる魚眼レンズの写真、いや、作品、いや、アートを見てからというもの、そらもう頭の中は魚眼だらけですわ。

結婚式以降、魚眼が頭の中から消えたことはなかった。俺は苦しんだ。魚眼魚眼魚眼。

何をしても頭の中は魚眼の事。



寝ている時も、



自転車乗っている時も、




野犬に襲われている時も、




自転車でこけた時も、





頭の中は魚眼の事。





脳みそが魚眼になってくるほど苦しんだ。





お嫁の得意料理は青魚。そんなおいしい青魚の目を見ると、魚眼を思い出したよ。青魚の目を見ては、どのくらいの広角な視界がこの魚は見ていたのだろう。と。今日は鮭のホイル焼きが晩御飯に出た。おいしかった。ポン酢をかけて食べた。ひと氏にもらった新米もおいしかった。豆腐に食べるラー油のっけて食べた。おいしかった。めっちゃ熱かった。歯の神経も熱さを感知するほど熱かった。




同時に、頭の中は魚眼だった。





091です。







という事で魚眼レンズ欲しいです。







Samyang_7p5mm_black+silver.jpg





もう一回同じ画像を使うほど欲しいです。





来年の4月にある結婚式までには絶対買います。



しかし高価である。




LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5は純正的なポジションで定価は10万弱。最安で6万強ぐらい。たけーよ。





しかし、今年の10月とか11月に新しくマイクロフォーサーズ規格の魚眼が発表された!!


サムヤンというあやしげなメーカーの魚眼レンズである。



Samyang 7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFTというのがフルネーム。


マニュアルフォーカスである。それはFDレンズで慣れているから全然問題ではないのだが、問題はまだ日本で売っていないというところだ。



早く日本でも発売してほしい。おそらく3万円台で出てくるだろう。今でも一部のネットでは購入できるが4万円台の価格がついている。そんなに高くないやろ。希少性を売りにぼったくっているな、さては。




個人で海外のサイト?的なところでも買えそうである。そこなら3万円台であるが、若干不安である。


誰か試してくだちゃい↓
http://blog.goo.ne.jp/gauche7/e/0628d7fd90abd5238d59354f1dd2adc1
http://taitan-no.net/archives/2009/03/01/0423.php




とりあえず、日本で正式にどこかが発売するのを待つけれど、4月までに発売されなさそうやったら上記サイトで購入をこころみる。

あ、ハワイって売ってないんかな。ハワイで2万ぐらいで売ってないんかいな。円強いしな。アロハ。




ブラジル。















良いお年を!!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2011/12/29 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(2)

レンズフィルター買い替え

P1170962.jpg
先日、カメラを掘りごたつの下に落としたはずみで、フィルターが割れてしまった。

レンズキャップはつけない派なので、保護用フィルターは必須アイテムである。

って事でヨドバシでmarumiの保護用フィルターを購入。

当方、全くカメラメーカーやカメラ知識はないのだが、marumiってなんやねん。

スポーツでいうところのリーボック的なポジションのメーカーな気がしてならない。

62mmで1652円。一番これが安かった。

P1170966.jpg
前回つけていたものよりも、縁が深いため保護性は高い、気がする。

そして縁に書いている白い文字が結構目立つ。

好みが分かれるところであるが、私はこのアンチスタイリッシュ的なデザインがちょっと好きかも。

"好きかも”、出ました。



保護フィルターなんて使い捨てやからバンバン使うで!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2011/04/23 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(0)

レンズ購入(FDレンズ_70-210_F4.0-32.0)

写真
大袈裟や。
このレンズ、思ったより大袈裟や。

ってことでレンズを購入しました。
canon FDレンズの70-210、F4.0-32.0のズームレンズです。

定価は¥66,000です。
中古で¥1,980で購入しました。センキュウヒャクハチジュウエンです。

まず言いたい。

FDレンズ最高。

FDレンズは80年代にオートフォーカス化の波によって消えた、canonのマニュアルレンズです。
ピントも絞りもマニュアルです。
絞りリングを回すと、レンズの中が絞られてるのが見えます。
アナログに絞りを見る事ができます。
FDレンズで動画を撮ると、被写体が動くたびにピントリングを回す必要がある。
めっちゃ難しい。

FDレンズはフィルム一眼カメラ用です。

FDレンズを装着できるデジタル一眼カメラはマイクロフォーサーズ規格のみ。
マイクロフォーサーズが生み出したフランジバックの短さがFDレンズ装着を可能にしたらしい。

マイクロフォーサーズ規格って事で、この規格を採用しているオリンパス、パナソニックのカメラが該当します。
オリンパスのPENやら、パナのG1、GH1、GF1です。

もちろんマウントをかませないと装着できないけど。

FDレンズの何が良いかというとコストパフォーマンスだと思う。

昔(70年代、80年代)のレンズやし、オートフォーカスじゃないし、市場ニーズがないため、とにかく安い。
でも質はいい。名器ぞろい、らしい。
マウントさえ買ってしまえば、後は低価格で多くのレンズをそろえる事が出来る。
それに、マニュアルも僕は好きなので一石二鳥です。

個人的にマイクロフォーサーズの登場で、FDレンズ市場のニーズが再度拡大し、相場が上がるのを懸念するで。

「なんでパナソニック買ったん??」ってよくなりますが、このFDレンズをつけれるからこそです。

でもマウントが高い。
1万5千円ぐらいした。
宮本製作所ってとこのマウントを使用しています。


FDレンズは2つ目。
一つ目は「50のF1.4」。

F1.4が生み出すボケは最高。
F1.4が生み出す明るさは最高。
たまらんばい。

って事で50F1.4と70-210F4.0を撮り比べ。


P1110324.jpg
↑50F1.4で撮影

70-210_F4_0.jpg
↑70-210F4.0で撮影。

後者、寄れる寄れる。マクロがついてる。
おなじ画角になるように50F1.4をトリミングしました↓
50_F1_4.jpg
ブレてました。ミス。

見比べると、やっぱF1.4のボケには勝てないな。

どっちもこれだけ寄ると、被写界深度の浅さが半端ありません。
ピントあわすのにめっちゃ精神力、視力使います。

このレンズの使用場面は大袈裟に行きたい時やな。

「あ~~~なんだか大袈裟にいきて~~~~」って時にこのレンズつけよ。

「あ~~~バズーカうちて~~~~~」って時も。

FDレンズの魚眼が欲しい。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2010/02/16 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(2)

シューカバー

1_20091024124314.jpg
ん~~~~。。。。。


2_20091024124314.jpg
へへ。


3_20091024124313.jpg
へへへ。


4_20091024124313.jpg
へへへへへへへへ!!
っへ!!

シューカバー大事やな。150円とお買い得。


1256355433b.jpg
あとレンズクリーナーも買いました。
あとぷしゅぷしゅも。
あとGH1の本も!
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2009/10/24 ] ■カメラ LUMIX GH-1 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。