タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャーレ水ヶ浜 @滋賀 近江八幡

P1160666.jpg

先日、ずっと行きたかったカフェに行ってきた。

滋賀県の近江八幡市にある「シャーレ水ヶ浜」というカフェに。


このカフェは琵琶湖に面している。


これでもかっていうぐらい面している。




むしろ「ちょっと琵琶湖に浮いてます」という嘘も世間もACも許してくれそうなぐらい、面している。







P1160644.jpg
めっちゃええ感じの雰囲気。






P1160653.jpg
Chaletって書く雰囲気もイイネ。





P1160664.jpg












P1160646.jpg
マイケル氏








P1160671.jpg











店員さんもステキでした。




マッチ売りの少女が感じた優しさを少しだけ感じる事が出来ました。








ちょっと寒すぎたから外のテラスでは食べれなかったけど、また春とか秋とか初夏とかむしろ夏とかに来たらテラスに座りたい。













私は琵琶湖になりたい。
スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索: カフェめぐり 滋賀 
[ 2011/02/23 ] ◆食 カフェ | TB(0) | CM(0)

マンマミーヤ!!ナンテコッタ!!

P1140674.jpg


マンマミーア、それはイタリア語でなんてこった、という意である。

滋賀の廃校にあるカフェである。

ちょっとお洒落である。

お洒落なポストカード、フライヤー、CDなんかも置いてたりする。

CDには「今流れている曲です」と可愛い文字で書いてあったりする。

なんてこった、無音である。店内には一切曲が流れていない。

さすが廃校カフェ、無を感じろというコンセプトが強烈に伝わってくる無のCD。新しい。パンナコッタ。P1140644.jpg
[レジ横にあるサイコロとおじさん]



スタッフさんもこの廃校カフェのコンセプトにあっている雰囲気の人である。

表現するならばとても声が細い感じ。

なんてこった、声が細すぎて全然聞こえない。

どうしようかどうしようかと思ったら隣にいたマイコーが「はい」と答えていたので安堵に包まれた。

そして俺は少し耳が悪いかもしれないという恐怖に悩まされている(7年ほど前から)。


P1140619.jpg
[甘酸っぱいタルト]




P1140620.jpg
[黒いショコラ]




P1140643.jpg
[氷 in コップ with ストロー]




IMGP6479.jpg

バズーカレンズを初めて外へ持って行った。
FDレンズである。定価7万弱である。中古である。1980円である。マクロがついている。おもしろい。
久々にFDレンズのマウントを装着したので、装着に10分ぐらいかかった。なんてこった。パンナコッタ。


そ ん な 、 マ ン マ ミ ー ア  





この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 滋賀 カフェめぐり 
[ 2010/07/09 ] ◆食 カフェ | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。