タイトル画像










24インチシングルスピードで淡路島一周ポタリングしてきました【2】

正直峠で最初っからいきみすぎた。もうちょい後のことを考えてやらなければならなかった。

20140504_115647.jpg
11時56分。また峠。しんどい。しんどいよ。お腹すいたよ。ハンガーノックだよ(嘘)。

20140504_104720.jpg
そおいや書き忘れていた珍事件。
この時は自動販売機で水分補給。
とにかくハンガーノックを起こさないように摂取的にカロリーを摂取しようとファンタグレープをチョイス。
したつもりがコーラが出てきた。
しかもゼロ。
ゼロて!!カロリー必要やからファンタグレープにしたのに!せめて体にもっと悪い普通のコーラだしてこんかい!
ゼロて!!

という珍事件は以上となります。ありがとうございました。




ひぃひぃ言いながら峠をクリア。そしてランチ。

★20140504124656-380
今度こそカロリーを!!!俺にカロリーを!!!!とんかつを!!!!ご飯大盛りからの追加おかわりを!!

そして10000カロリーぐらいを摂取して午後の部スタート。ごっつぁんです。


20140504_135204.jpg
13時52分。
鳴門海峡に来た。
そう、本来アワイチ(淡路島一周を通ぶる言い方、ちなむと琵琶湖1週180kmはビワイチらしい)のルートはここを通らない。ここは端っこなので引き返すしかないのだ。結構しんどい上り坂を含む4km程度の道草となる。
もはや灰になりかけの身ではあるが、鳴門海峡を見ずにアワイチを語るべからず、ちゅーことでムチを打っていってきた。
一部ではただ道を間違えただけという情報もある。



20140504_142323.jpg
14時23分。
うめ丸っていう旅館の前。坂道。死ねる。
もはやチャリを立てかける元気はなかった。死ねる。

20140504_151615.jpg
15時16分。
峠は越えた!あとは大体平坦な道!大学のサークルでの合宿で来た民宿にもちらっとよってみた。
慶野松原荘。懐かしい。いや、むしろ覚えてない。こんなとこやっけ?

20140504_151748.jpg
そばにはわかる人にはわかる伝説のキャンプ場。

20140504_152137.jpg
ムダに写真を重ねる。

20140504_154456.jpg
15時44分。最後の休憩。
多分120km時点ぐらいやと思うんやけど(そのあたりあいまい)、110kmから135kmぐらいが精神的にきつかった。
2kmおきぐらいにサイコンみて距離を確認するけど、思ったり全然すすんでいない。
ケツがいたい。
だから手に加重してケツから体重を逃がす。
けど手も痛い。首も痛い。両のふくらはぎがつりかけている。足先の末端がしびれる。
どんどんローディに抜かれる。抜いてくれ。

20140504_172248.jpg
17時22分。
あ、ちょっと休憩してた。いや、よっただけ、一瞬。休憩じゃない。
ここは以前お嫁サンバと淡路島ポタリングした時にお昼ごはんを食べた公園。
なつかしい。ここは覚えている。

残り10kmぐらい。
ここでちょうど時速24kmぐらいのローディ二人組が抜いていった。
ついていこう。
そしてうしろにつく。

ふとすると自分のうしろにも二人組がついている。

5人のトレインでしばらく走る。
一人やとしんどいけど、複数やと気が引き締まりペースがあがる。

そしてうしろの二人組がラストスパートで我々3人を抜いて行く。

僕はその二人のうしろについて行こうと思いペースをあげる。

ふくらはぎが限界。油断したらつる。特に右足。

なんとかついていき見事ジェノバライン乗りまで到着。

20140504_175630.jpg
17時56分。
走ったぜ。1周したぜ。
結局シングルは途中で2台みただけで、ミニベロはみなかった。ほぼローディ。へ!

とりあえず次に淡路島1週する時はギア比を下げようと思った。
今コグが16Tなので18Tぐらいに出来れば。チェーンの長さ足りるかな。。。
あとはハンドルをあげる。なのでニットーのNTC280の突き出し70mmぐらいが欲しいな。


20140504_180333.jpg
最後に食べたソフトクリームがおいしかたよ。うまかたうまかた。

走行距離150km
乗車時間 08時間05分05秒
平均速度 18.5(おそ!)
最大速度 55.8

ようけ走った。



この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 淡路島 ポタリング 24pista 

24インチシングルスピードで淡路島一周ポタリングしてきました【1】

20140504_154806.jpg

24インチのシングルスピードで淡路島を一周してきました。

どうしよかなかどうしよかなと思いつつ「よし、行こ」と決定したのは前日夜。

当日は5時起き、5時半すぎの電車に乗車。

20140504_065227.jpg
6時52分にはジェノバライン乗り場に到着。
明石駅から乗り場まではチャリで3分程度。近い。

片道大人500円自転車220円安いで!!安いよ安いよ!ジェノバ最高!ジェノバ、ジェノバ!

20140504_065721.jpg
ひたすらローディーばっかり。シングルスピードおろかミニベロもいない。

20140504_065946.jpg
船好きです。あえて外に乗ります。寒かった。

20140504_065951.jpg


20140504_065944.jpg



20140504_070831(0).jpg


なぜこんな同じような写真をとったんやろ。早起きした人間のすることは謎やな。


20140504_065959.jpg
カバン紹介。もちろんクロームのベルリン。容量53L最強メッセンジャーバッグ。バッグだけで重さ2キロ越えだよ。
でもx-strapのおかげで重さを感じない。

20140504_070014.jpg
ストラップにはリンプロジェクトのスマホケース、ピンクのポーチ、スピーカー、ipodを装着。
リンプロジェクトのポーチは、特大スマホのギャラクシーノート2が入ってストラップに装着できる唯一のポーチ。
むちゃくちゃ探したけどこれだけ。ピンクのポーチは結局ギリギリは入らなくて上部分をはさみで切った。それはそれで便利になったけど。
このリンプロジェクトのスマホケースは偶然500mlのペットボトルがジャストフィット!
ボトルケースを自転車につけていないのでラッキー♪

20140504_070020.jpg
海を見ながらアザースの曲を聞くぜ!そら気持ちEでしょうに!たまらんやろ!

と、乗り気ではあるが本当に1周150kmを日帰りで走りきれるかちょっと不安。

ナビはルートラボを使います。ナビといっても止まっては確認、止まっては確認やけど。

20140504_070828.jpg
明石海峡の下を通るよ。7時発だよ。

20140504_072039.jpg
7時20分、出発するで。なぜか緊張するで。不安もあり。



20140504_083036.jpg
8時30分。順調。海が綺麗。天気よし。アザースよし。いいね!


20140504_083334.jpg
淡路島といえばヤシの木でしょ!!!ええ!!!


20140504_090646.jpg
9時06分。ここの広場、幼い頃によく来た場所に似ているので道草。真相はわからない。確認しとこ。

20140504_093628.jpg
9時36分。海が見えない道もたくさんあった。

20140504_101542.jpg
10時15分。出発から3時間。ちょいちょい休憩ははさんでます。島が見えます。

そして南あわじへ。そして、峠へ。

峠あるんかい!!!島1周いうたら海沿い平坦な道を永遠にどこまでもいけるんちゃうんかい!峠あるんかい!

とりあえず南あわじは峠が多いらしい。これはやられたな。
シングルスピード乗りは坂道であっても、絶対ペダルを踏むのをやめてはいけないのだ。
とろとろではあるが必死にペダルを踏む。踏む。踏む。

もう無理。スッと、しれっと、降りた。その後はちょっと下坂道でもスッと降りた。
だって先長いし。ポリシーなんてすぐ捨てるぜ♪ポリシーバイバイ♪

2個目の峠はきつかった。自転車を降りて押しててもしんどい。あぁしんどい。
サイクリングに来たのにウォーキングになっている。サイコンに目をやると時速5キロ。
果たして日帰りできるんやろうか。
きっとあの先を曲がれば坂道は終わる、終わる、終わる、いや、終われ。

その時、僕の目にとある看板が飛び込んで来た。

20140504_111901.jpg

僕はスッと休憩した。心が折れた♪
ちなむと、ローディーでも歩いている人が結構いる。ちょっと安心。
休憩中、クロスバイク乗りの人が自転車を押しながら「半端ないっすね!」と挨拶してくれながらのぼっていった。
彼はさわやかだった。ビアンキ乗りはさわやかなのだな。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 淡路島 ポタリング 24pista 

ニーヨンピスタで城陽往復ライド(2日間でな)

★★★20131208_141759


24インチピスト(いや、フリーにしてしまったからピストとは呼べないな。。。でもいいか。あ、ニーヨンと呼ぼう)初のロング、いや、ミドルライドに行ってきました。

吹田-城陽間ライドです。距離は片道40km。

1日目はお嫁を城陽に車で送り、その帰りに車からニーヨンを出し吹田までのってかえってきたで。

2日目は嫁を迎えにニーヨンで城陽までいき車でかえってきたで。



1日目に感じたこと。

やはりこぎ出しは軽いが、順行速度を維持するのはしんどい気がするという事。

こぎ出しは背中を押してくれる感じがするけど時速20kmを過ぎると反対に後ろにひっぱられる感じがした。

気のせいかと思って2日目は買ってあったノグのサイコンを取り付け実際に時速を確認しながら踏んだ。


俺の脚が非力なのはおいといて、フェデでは25km順行ができてもニーヨンではなんかちょっときつい感じだ。

しかし、向かい風という条件もあるからまだなんとも言えない。


とりあえず自転車はおもしろい。


1日目のスタート5分でフロントがパンクしたけど、それでもおもしろい。

補修キットをもっていなかったのでコンズというサイクルショップで
チューブ購入してタイヤレバー借りて自分で補修。

シュワルベのタイヤはレバーがなくても手だけでチューブ交換ができるぐらい簡単にリムに入る。
大丈夫なんかな?


久々にちょっとガッツリチャリに乗れた週末でした。おそまつさまでした。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 24pista ポタリング 自転車全般 

バフストックヤードポタ@箕面

CIMG2633.jpg
箕面のバフストックヤードへポタリングがてら、お嫁サンバと行ってきたで。

箕面までの道は登りあり、下りあり、登りあり、直線距離に対して移動距離長い、というちょっと困難な道のりやで、吹田からは(倒置法)。


CIMG2634.jpg
本当に近くにマザームーンカフェもあった。ここも来てみたい。



CIMG2640.jpg
到着。倉庫をリノベイトしたカフェ。今日はランチを頂きます。







CIMG2645.jpg




CIMG2646.jpg





CIMG2647.jpg




CIMG2651.jpg


中は広くて机と机の間もゆうゆうしていて、落ち着ける雰囲気やで。おいてある雑誌も変わってて、ワーク的な雑誌、レトロアメリカ、デザイン、ファッション的な雑誌が置いてるで。




CIMG2653.jpg
お肉ランチ。

うまいで。ほっこりするで。

ごはんがおかわり自由やから、おかずを食べきらずしてご飯がなくなるという恐怖と闘わなくて済む安心設計。

おかわりしました。





写真はないけど、1Fの別のフロアと2Fには家具、雑貨、アパレルなどが売っている。アメリカビンテージ的なものが多いんかな?



カフェめぐりはやっぱりおもろいでな。




(予約投稿)



この記事のタグといっしょの過去記事を検索: カフェめぐり ポタリング 北摂 フェデラル 
[ 2012/04/02 ] ◆食 カフェ | TB(0) | CM(0)