タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

延長ストラップで拡張性アップ

20140701_130148_imgTool.jpg

chromeのベルリン用にリロードの延長ストラップを買いました。
リロードの公式オプション品ですね。

national moldingsっていうメーカーのバックルでベルリンも同じメーカーなんで
互換性があると思っていたらあいませんでしたね。ええ、びっくり。

なのでニッパーとヤスリで無理くりつけました。
最近DIYがはやってますよ。

ってことでスーパーサイヤ人3からスーパーサイヤ人4になった感じです。

ええ。



スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 買いました 自転車全般 バッグ 

メッセンジャーバッグ個人的批評まとめ

resized_P1370316.jpg

どーも、サッカー"代表サポーター"の091です。オーレーオレオレオレー

やっぱ注目は野人岡野っしょ!

まてよ、サントス、いや、三都主も捨てがたいっしょ!!!!!

以上、代サポギャグでした。091です。


自分なりにメッセンジャーバッグについてひとまとめしてしておこうと思います。

批評です。(なんか批評って批判的ってイメージがあるのは俺だけでしょうか。正しくは"自分なりに評価すること"らしいですがに)

とりあえず、自転車に興味のない方はここまででOKですよ、長文なので高速スクロールを。

【CHROME(クローム)】
アメリカのブランド。ベルリンモデル所持。
「本格的なメッセンジャーがほしいのほしいの!!!」って人が最初に通るイメージ。
ストラップはスプリットストラップを採用し調整が片手で簡単にできる。
上から下に伸ばすタイプ。しかしシートベルト素材1枚なのでテロンテロン感あり。
たまにねじれて戻すのに手間取る。あとバックルは金属を使用しているため、重くさびやすい。
ベルリンはプロモデルなだけあって作りが丈夫。
メインストラップ以外の逆側の肩に負荷をわけるサブストラップ(以下、x-strap)モデルあり。
いわゆるバックパックのような感じにもなる。
結構その辺りのお店にもモノがあふれている感じなので、
大量生産のイメージはある。ハンドメイドっぽいけど。
シブッ!!!とはならない。でもはずれもない気もする。


【PAC DESIGNS】
老舗。カナダメイド。元メッセンジャーの女性がやっている。職人気質イメージ。
x-strapなどももともとはパックデザインが発祥らしい。
x-strapが装着してあるproシリーズはポケットもたくさんあり普段使用でも便利そう。
pro slimモデルなんか大きさ的にも日常使いによさそう。
しかしfacebookを見ていると今年はじめて同モデルのストックがなくなった的な記事があった。
そして、パックデザインはとにかく見ない。売ってない。ハンドメイドって感じ。
スプリットストラップ(上から下タイプ)を採用。
ストラップのクッションがふわふわで気持ちよさそう。サブストラップしかり。
フラップと本体の間に大きな荷物をはさみこめる拡張ストラップ(以下、フラップ拡張ストラップ)の
フラップ側のバックルが表の露出しているのは残念。裏に隠してほしい。

【bagaboo(バガブー)】
x-strapモデルあり。
フラップ拡張ストラップのフラップ側バックルがしっかり裏に隠されているのがナイスイイネアッパレ!!
スプリットストラップ採用。
ストラップのパッドがちょっとチープやし動きそう。ちなみにメッセンジャーバッグは肩、背中でクルクルまわすのでパットの動くものは自分の中では完全NG。

【bagjack】
インナー取り外し機能が素晴らしい。インナーを取り外して洗濯できそう。
しかし見た目はイマイチ。フラップ側バックルは表に露出。
あと、フラップが短いのも格好よくない。しかし前にまわした状態で荷物を出す際には、
めくったフラップというのは案外邪魔なので短いのは機能的にはいい感じなんだと思う。

【R.E.load(リロード)】
作り手が良い顔してる。ガチャバックルという自分はよくわからないストラップ方式を採用している。
素晴らしいと感じたモデルがあり、ストラップの肩にあたる部分のパットがマジックテープで
取り外しができ、しかも背中側までしっかりあるというものだ。
臭くなるからな。メッセンジャーバッグは臭くなるからな。
できれば洗濯出来る機能は必須。ちなむと自分のクロームのベルリンも夏に臭くなり、
クリーニング店にもっていったがかなり高額な見積もりが出たので、
なくなく退散した。はっきり記憶がないが30万円ぐらい。
うっそ〜〜♪(長文につかれてきた)
まぁベルリンは太陽干しをしまくって匂い消えた。太陽最高!罪なやつだぜ!
って事でリロードのこの取り外し可能なでかくてずれないショルダーパットに太鼓判キタコレ。


【フレドリックパッカーズ】
日本ブランド。でも日本にはこだわらず良いと思ったパーツを国内外から集めている。
バケットパックという必要最低限の機能のみをもった激軽メッセンジャー風バッグを持っている。
ストラップはスプリットストラップを採用している、下から上にひっぱるタイプなので、
片手では無理。余ったストラップをひっかけるクリップは便利。
このモデルはフラップがなくファスナータイプ(しかもサイドはどうしてもあいたまま)
なのだが、これはなかなか使い勝手がよい。
例えるならポケットの延長である。
おちるかもしれないけど、すぐに出せる。というもの。このフラップなしモデル、
自分的にはあり。素材もナイロン一枚なので、軽く小さくできる。
フェスとか野外ライブとかでも使えそう。
もう一度言おう、これはポケットの延長だ。


【cosset-bag(コゼバッグ)】
日本ブランド職人気質京都。
元メッセンジャーの女性がフェミニンなデザインのメッセンジャーバッグをハンドメイドで作っている。
ブログを見ているがおもしろい。
色のオーダーが可能。猫のロゴがかわいい。
そして、このコゼバッグにもフラップなしモデルがある。(トート型メッセンジャーバッグ)
しかも口の中央にストラップがついてあり、荷物落下や拡張に期待できる。
実際フレドリックパッカーズのフラップなしもでるはファスナーをしめるのが
めんどくさいのでしめたことは3回ぐらいしかない。
あと、職人なのでカスタムオーダーが可能。一回お店に遊びに行きたい。
話はそれるがマザーズバッグに本当にむいているバッグのタイプってフラップなしメッセンジャーバッグなんじゃないだろうかと
勝手に思っている。
ちょっと子どもの手がよごれたときにさっとウェットティッシュを出してやれる。
マグマグとかも。そして普段は両手がフリーになれる。
そしてかっこいい。これこそマザーズバッグに向いているっしょ!
新たな市場っしょ!こらファミリアに提案や!!!!
しかし、妊娠中はストラップを締め付けて使用してはならない。産みきったマザー専用。
話をコゼバッグに戻すがコゼのデザイナーさんもブログを見る限り現在幼児絶賛子育て中のよう
なので、新たなマザーズバッグを生み出してくれないかとひそかに期待。
そして夫婦で、いや、家族でおそろいのバッグを持ちたい。

【6-SHiKi(ロクシキ)】
日本にこだわったジャパンメイド。倉敷帆布を使用。
メッセンジャーバッグL(初期型)を所持。
帆布に愛着がもてる。バリバリしてておもしろい。洗濯もできると思う。
表は帆布、裏は綿と2重構造(後期型は裏側はナイロン素材のもよう)。
底に大きく書かれた"kurashiki canvas"という文字が個人的に大好き。
自転車を乗っていて自分の姿が反射されてうつっている窓やドアがあるとその文字がちゃんと見えているか
確認する。そう、確認する。
基本的な機能面では正直残念。まずストラップの装着部分が垂直に縫製されている。
普通は背中にフィットするように斜めに縫製される。
これが垂直に縫製されることで、ねじれが生じ、ちょうど肩の部分にあたりちょっと痛い。
痛恨の縫製。しかしこれは後期型では改良されている。
そして後期型では目立たない部分に取手も装着されている。
これって絶対便利。よく普段はフラップ部分をつまんでもちあげることがあるので、
取手欲しい。
ストラップに関してもうひとついうと、パットが縫い付けてあるのだが、
パットが長過ぎるため、締め込みが途中までで止まる。
メッセンジャーバッグとしては根幹的な問題。
自分はカッターで縫製をカットしパットを取った。
そして長さ調整はそのままだとやりにくい。シートベルト素材を採用しているまではいいが、
輪っかがついてありこれがあることによってスムーズにしめつけも解放もできない。
そしてスプリットストラップでは当たり前の解放時のDリングもない。

なので、自分はカスタムしてDリングをつけて輪っかは切り外し余ったベルトを
しまうクリップを装着してスプリットストラップ化した。
なので長さ調整には困っていないが、購入時のままだと使えない。

【ynot cycle】
だいぶマイナー。パックと同じカナダブランド。
日本ではブローチャーズが取り扱いあり(なんか残念)。
x-strapモデルあり。しかしちょっとチープ。Xの交わる部分が固定されていないのはどうなのか。ずれないのか。
ストラップは極太。そして、写真で見る限り背中側がマジックテープにて一枚取り外しができそうなのだが、
どうなのだろう。もし取り外しができるならば、一番汗がしみこむ背中部分の洗濯が簡単にできる
わけだ。これはいい。

【bogear】
エレファントモデルはx-strap採用。51リットル。
youtubeの紹介動画見るとなんかもたついてる感がいなめないし、ごちゃごちゃしてる感じ。
詳しくはわからないが、x-strap採用なのはいいね。x-strapはいいですよ。

【beruf (ベルーフ)】
bagjack同様インナーの取り外しが可能?ロゴがダサイ。以上。

【timbuk(ティンバック)】
個人的にデザインが嫌い。以上。機能はよさそう。

【chari&co × SSCY(番外編)】
所持しているモデルであるtack bagというリュックとトートの2WAYなので番外編。
スーツもあわせれると考えているので、結婚式の引き出物持ち帰り用にいいとたくらんでいる。
なにがなんでも手ぶらが好き。手ぶらサイコー!!!!



ってことでタタキ台としてメッセンジャーバッグ批評終わり。甘々ですんません。
長文しんど。

他にもこんなステキなバッグあるどん!とか、ここ間違ってるどん!とかこのブランドのこの機能むっちゃ便利だどん!ってご意見あれば頂戴したいと思います。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 自転車全般 オススメ こだわり バッグ まとめ 
[ 2014/06/10 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(2)

6SHiKi(ロクシキ)メッセンジャーバッグもどき

★20140518_225345

6SHiKi(ロクシキ)のメッセンジャーバッグもどきを購入しました。

Lサイズです。型は古いです。

★20140518_225358
気に入っているのはここ。担いだ時に見えるkurashiki canvas の文字。
その文字通り倉敷帆布を使用している。
バリバリな布。でもすぐうやわらかくなる。
丈夫らしい。使う程に味が出てくるらしい。

★20140518_225550
フラップはサイドの布と一枚になっている。
これはストラップを肩にまわしたまま前で荷物を取る時はちょっと不便。
口が大きく開きにくい。一旦バッグを置いて口をしっかり開けていれる分には問題ない。
でもその分荷物は落ちにくいのかな?

★20140518_225440
自分の中のバッグ必須ポイントとして内側がブラックでないこと、というポインツがある。

ブラックはとにかく荷物が消える。見えにくい。

このキレイな青色は荷物も見えやすいくイイネ!ちなみにクロームのベルリンは内側は赤いターポリンなのでこのバッグと並べると綺麗。というどうでも良い情報を漏洩キタコレ。

★20140518_225619
マジックテープはすごいでかいけど、程よい堅さ。クロームベルリンより全然強力じゃなくてほどよい感じ。

★20140518_225610
いただけなかったのはストラップ。

ストラップはシートベルト素材。これはいい。
しかし、肩に当たる部分に縫い付けられたパット?がチープ。
しかもこのパットが長過ぎて締め付けが途中までしかできん。これは相当イタイ。
いや、むしろメッセンジャーバッグを名乗っていはいけないやろ。

ってことでカッターで除去しました。
シートベルトのみが残りました。よし。

あと写真のようにカラビナをはさみました。
いや、むしろはさまないとストラップリリースが手間取る。
最初っから必要なアイテムのはず。

あとリングがついているけど(時計でいう遊革部分のようなもの)これもつけたままだとクイックな締め込みとリリースができない。
ってことで抜きました。

という具合にちょっとカスタムしていい具合になりました。

マチもしっかりあるしなによりシンプルなデザインが良い。
そして倉敷帆布のブラックは本当に黒い。
真っ黒。
しかも色落ちもしないらしい。さすがジャパンメイド。品質はいいんやろな。

背中側についた外側のポケットは便利やけど、
背中にあたる部分なので、ものを入れるとちょっと背中イタイ。できればフラップ側かサイドにつけて頂きたかった。

とまぁ色々イチャモンつけたけど、気に入ってます。

マチの広いメッセンジャーバッグは背負った時がかっこいいな〜

メッセンジャーバッグ好きやわ〜



【持っているメッセンジャーバッグ】
クロームベルリン→カンスー・ジャパン買い物用。旅行用。ポタリング用。
フレドリックパッカーズバケットタイプ→空気のように軽いのでほぼ手ぶらスタイル。
ロクシキメッセンジャーLサイズ→普段使用。仕事使用。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 買いました バッグ 自転車全般 

6SHiKi × ZUTTO このバッグは最高

★P1360856

お嫁にバッグを頂きました。

むちゃくちゃ良いです。

ロクシキという倉敷帆布を取り扱っているバッグブランドとZUTTOっていうネットセレクトショップのコラボ。

★P1360858
倉敷帆布。

バリバリとしたしっかりとした素材(確認済み)。
使う程にやわらかくなる(予定)。
使う程に味が出てくる(予定)。
匂いが独特で僕は好き(いわゆる、"好きかも")。

★P1360857

クラフト紙の紙袋を持っている感じのあのオシャレな感じである。

よく見ると取っ手になるところもある。

でもおすすめは写真1枚目のように上をくしゅっとまるめてあたかもクラフトオシャレですよという
顔をして持つのが通である(予定)。

フランスパンを入れたくなるが、フランスパンは見当たらない。


★P1360859
だからハンバーガーを入れている。

このハンバーガーにはもちろんアメちゃんが入っている☂。

このおしゃれクラフト紙袋バッグからリアルハンバーガーを出して
アメちゃんをあげる。

このシチュエーションを俺にちょうだい、早く、ハァハァ。



ってことでステキな鞄をいただきました。これは良いですよ。良いモノですよ、これは。ふふ。




この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 買いました バッグ  
[ 2014/03/07 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(0)

フレドリックパッカーズのBUCKET PACK (S)を買うた買うた

★20140303_175016
更新しなさすぎて広告でたよ。だから更新するよ。

簿記3級に受かったよ。
中学時代からのお得意の詰め込み勉強法だよ。
会社で経理的なこともするので、最低限の会計知識はもっておかないといけないっていうのもあるので取ったよ。

最初は業務に役立つような勉強法をしてたけど、どんどん余裕がなくなって合格するための勉強法になったよ。

シークリクリシーだよ。浮く牛喰うだよ。資産負債資本費用利益収益キタコレ。

ってことで楽天ポインツでバッグをこうた。

フレドリックパッカーズという日本のメッセンジャーバッグブランドのBUCKET PACK (S)。

LOOP最新刊(っていってもだいぶ前)にも載っている。

軽い。ナイロンだから。耐久性が心配ではある。

あと、メッセンジャーバッグの特徴であるストラップのクイック長さ調整。
これに関してはクロームのほうがやりやすい。
むしろフレドリックは片手だとやりにくい気がする。慣れていないだけかもしれないけど。
締める時、クロームは右手て下にグイっとするする感じで、
フレドリックは右手で上に引き上げる。引き上げるってことは背中の荷物は下に力がかかり、
重力と併せてベルトごと回転してしまう。だから左手も使って回転しないようにしなくちゃいけない。

でも、気に入っている。これをつけて洗いものをしてみたが、いい感じだ。

これをつけて灯油を給油しにいったが、いい感じだ。

ビリビリに破れるまで使ってやる。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 買いました バッグ 
[ 2014/03/03 ] ■チャリ | TB(0) | CM(0)

フェデラルのホリゾンタル化が見えてきた

20130502_190205.jpg

今日はこんな感じで会社から10kmを踏んできました。

クロームのベルリンはマジで良い。ホイールを背負っても全然重くない。

まるで背負ってないのかと思うぐらい。

でも周りの冷たい視線は感じたから背負っているんだと実感できた。

どーも、俺ちち。

チャリネタです。軽く通です。読み飛ばそうとしている、そこのまいこっち!

読み飛ばしてOKだよ!


ってことでオリジナルリトルピストの製作しか見えてないと思わせておいて、
僕の愛車、フェデラルのホリゾンタル化が現実味をおびえてきた。


650cサイズのホイールをゲット。



20130502_125348.jpg
わかりにくいですが、手前がゲットした650c規格のホイール。
奥がフェデラル標準装備の一般車26*1 3/8規格のホイール。

ETRTO規格で2cmほど小さくなる。かつ、タイヤの厚さも考えるともうちょい直径は小さくなる。


20130502_183602.jpg
オークションでゲットしたこのホイール。
メーカーは不明です。
でも23cのタイヤとチューブもついて、送料込みこみ2600円!
(ここはかなりキーを高くして読んでもらいたい)

何のホイールかはわからないんですが、
もしかしてトーキョーバイクのホイールかなぁ。
ちょっとディープなとこも似てるし。

ちょいディープ。


20130502_183548.jpg
ハブとスポークはブラック。


まわしたときに若干のゴリゴリ感はあります。

おそらく精度が低いんだと思いますが、
一応玉押しの力がきつすぎという原因もさぐってみたいと思う。

あとフレも左右1mmぐらいあるから、またフレ取りもしよう。


20130502_181228.jpg
ちょっと試着してみましょう。




20130502_181839.jpg
試着。
ぱっと見は前後のホイールが違う大きさって気付かないかも。

でもまだまだこれではホリゾンタルにはなってない。

そらそうです。
フロントフォーク変えてないので本領は発揮されておまへん。

単純にホイールだけの交換では根本的に無理です。


20130502_183519.jpg
まずブレーキがこうなります。
ブレーキシューがタイヤの位置にきます。
フロントフォークも650c規格のものと交換する必要があります。

フロントフォークの交換となると、ちょっと手間がかかります。

ヘッドセットの取り外しと取り付け(圧入)が自作工具を駆使してやらないとダメっぽい。

ちなみに650c規格のフロントフォークはTANGE製のものをオークションでゲットしてます。

ブレーキもVブレーキ台座から、キャリパーブレーキ台座になる予定。

ようやくのキャリパーデビュー。

Vブレーキはリアにまわそう。さよならカンティブレーキ。

そしてホワイトタイヤもリアにまわそう。さよならベージュのリアタイヤ。

20130502_183536.jpg
フロントブレーキもアレなので軽めにちょっと走ってみた。
こんなに細いタイヤは初めて。なんか見てるだけで軽く速くなった気がした。

しかしフロントフォークがガバガバである。

クリアランスギリギリがやはり男前だな。んだ。


20130502_183526.jpg
ガバガバ。


細いタイヤは段差とかパンクに弱いみたいやけど、実際の体感はどうなんかな。

通勤時の途中にはジャリ道もあって、そこも軽く走ったけど、特に問題はなし。

どうなんでしょう。

とりあえず次はヘッドセットの取り外し取り付けと、フロントフォークのブラックアウト予定。



です。



この記事のタグといっしょの過去記事を検索: 自転車全般 フェデラル 自転車パーツ バッグ 
[ 2013/05/02 ] ■チャリ カスタム | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。