タイトル画像










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖質制限をはじめた、2か月で6キロ痩せた、思うこと



airBNBを利用して東京に泊まった際、ホストの方とつながり、そのホストの方がパーソナルトレーナーを始めた。

そして、ダイエットモニターを私がすることになった。

主に食事改善と筋トレである。

食事制限に関しては、賛否両論ある糖質制限である。

安くて旨い、ジャパニーズとは切っても切れないメイン食材の
ご飯、パン、麺の摂取を減らす。


最初は抵抗があった。

「服を着るのを少しやめよう」

「お風呂入るの少しやめよう」

「言葉も"あ"と、"ね"と、"む"と、"ん"は使うのやめよう」


そんなイメージだ。

当たり前にライフサイクルに定着したものを変化させるのはとてもパワーがいることなのだ。

ただ、変化させるのにパワーが必要なのであって、
変化してしまえば意外とスムーズにいく。

慣れだ。

ということで日本人三大主食を制限することは、流れに乗れたので問題なくなった。

ただ、それは自分の問題であって、
食を共にする家族にももちろん影響を与えることになる。

お嫁サンバもターザンを読んでくれて、
食材には気を使ってくれている。

三大おなか一杯食材が使えないので、おかずを多く作ってもらうなど。

そして回転すし、いや、くら寿司にいく頻度もさがった。
びっくらぽんが好きな長女こここと次女しししは申し訳ない。

行ったところで、以前は4回ルーレットまわせられていたのに、
前回は3回しかまわせず、当たりが出なかった。

すまん。


というように、自分の食生活を変えるということは、家族にも影響大である。

あと気になったのは食費だ。

ご飯、パン、麺。

どれも安くて旨くてはらもちがいい。

それを抜くとなると、他の食材を多く食べることになる。

だから食費がかさむ。

これに関してはまだ検証していない。

おすすめのコスパが高い食材はいくつかある。

・豆腐、厚揚げ
・卵
・納豆
・ブランパン

が主食となった。
これらはまだ安くて、量が多い。コスパ良し。

人によると思うが、豆腐をご飯代わりに私は食べられる。

麻婆豆腐をおかずに、豆腐を食べることができる。

そして運がよかったことがもう一点。

ブランパンをホームベーカリーで自作できた環境だ。

結婚した際に後輩ホームベーカリーをプレゼントしてもらった。

もちろん嫁がメインに使用しているが、
まさか自分が使うことになるとは思わなかった。

作り方も簡単で手間もかからない。

そして1斤400円程度だ。

1斤400円。高いだろう。普通の食パンなら安いもので1斤120円ぐらいだろう。

しかし!!!!普通の食パンが安すぎや!!!という無理やりな発想転換でここは乗り越えればいい。

1斤400円。8枚切りぐらいにするので、1食50円と考えると、許容範囲だ。

ブランパン様、ありがとう。ふすま様、ありがとう。イースト菌、冷凍でもさらさらで生きてくれてありがとう。


あと、お酒は蒸留酒に変更。ビール飲まない、甘いの飲まない、焼酎の炭酸割で。
これにも自分はストレスを感じなかったので続けられる。






続くかも
スポンサーサイト

この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2016/10/21 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(5)

好きな角度


DSC_0553.jpg

自分の自転車には好きな角度があるはずだ。




先日、ひっさびさにrockbikesのオーナー達とライドに行ってきた。

予定は特に立てずに淀川を北上。

やはり、rockbikesはかっこいいし、チャリは楽しい。





自分の自転車が一番好きに感じる角度がチャリ好きにはあるはずである。


自分の場合、ホリゾンタルが映える真正面、と思わせておいて、そうでない。



この角度である。
DSC_0554.jpg

後ろちょい斜めからの角度。

23mmのタイヤの細さアピールもさることながら、
シートチューブからエアロタイプのシートポストの細さの大群がなんか好き。

そしてわずかに感じるホリゾンタルの向こうへ突き刺していくイメージ。

そして広がらずにキュっとまとまる幅300mmのnittoのハンドル。




この角度がグッとくる。


だから、サドルバッグはつけない。

絶対便利やしコンフォートなサドルバッグ、
つけたいけど、
それをつけてしまうと、自分の一番好きな角度が消える。


だからサドルバッグはつけられない。


やっぱチャリ最高!!


この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2016/10/19 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(0)

長女3歳用のバックパック製作しました(してました)

P1850135.jpg
長女こここ3歳にバックパックを製作しました。
去年の5月ごろに完成してましたが、記事にするのを忘れていました。
生地は大塚屋で長女が選んだものを使用。
長女こここは青がとにかく好きなので、できるだけ青の素材を使って仕上げました。

P1850141.jpg
背中に当たる部分は通気性が良さそうな生地を。
これだけは黒しかなかったので、妥協。

P1850139.jpg
次女しししがモデルになってくれました。
プレランドセルというテーマだけあって、ランドセルっぽいす。

P1850140.jpg
横からししし。

P1850136.jpg
前からオムツチラのししし。
チェストバックルもばっちりです。

P1850142.jpg
サイドから。
マチのあるポケットを作りました。
両方にポケットをつけると形が子供っぽくなってしまうので、
あえて片方だけにつけました。子供ですが。

そして若干上のほうがマチが大きくなっています。
これはサイドのストラップで大きさを調整できる為、
普段は絞っておき、荷物が大きくなるとストラップを緩めて
容量を大きく保てるようにしました。

P1850143.jpg
逆サイド。
ここには拡張性をもたせたマジックテープを装着しています。
なんということでしょう。

P1850144.jpg
チェストストラップ。
取り外し可能。
いるかいらないかわかりませんでしたけど、
娘は必ずバチっと装着します。

P1850145.jpg
なんということでしょう。
背中の部分に隠しポケットがありここにウレタンチップマットなどをいれると
どれだけ尖ったものをいれても背中への衝撃を和らげてくれます。

ここはここ1年一度も使用したことはありません(笑)

P1850146.jpg
そして一番のこだわりがこのフラップです。
まず、2歳児でも簡単に開け閉めができること、荷物の出し入れが簡単にできること、
を考慮した結果、この大きな開口部をもつ最低限のマジックテープで留めるフラップ仕様になりました。

P1850152.jpg
この部分の形が一番完成時にどうなるかわからなかったんです。
フライトバゲージという海外のメッセンジャーバッグブランドのバックパックのフタを参考に(丸パクリ)しました。

この部分がこういう形だと開いているときは大きく口をあいたままですが、
閉じていくと、、、


P1850153.jpg
なんという


P1850154.jpg
ことでしょう。

サイドからものが落ちるのを防止してくれます。

P1850151.jpg
そして拡張性をもたせる為、ループをいろいろなところに無駄にとりつけました。
キーホルダーとかつけれますが、この1年出番はありません。

P1850150.jpg
なんということでしょう。
すべての1歳〜3歳児が世界で一番好きなもの、それは拾った枝です。
その枝をさす、拾った枝専用のポケットをつけました。

この1年出番はありません、なんということや。



P1850148.jpg
そして、ここにベット製作したウェットティッシュケースを装着できます。
しかし、ウェットティッシュが重すぎると歩いた襲撃で地味にマジックテープがとれていき、
落下してしまうという不具合があります。
ちょっと改善の余地がありますね。


P1850149.jpg
サイドにもつけることができます。



という感じです。

長女にプレゼントしたときはすごい気に入ってくれて、
ずっと背負ったままで、なんと寝るときすらも背負ったままのときがありました(笑)

でもその後背負わなくなった時期があったんですが、
しばらくするとまた大好きになってくれる時期がきまして、
また寝るときも背負うようになりました(笑)
そして泣いて起きるという謎の悪循環。

あ、プレゼン箇所が一箇所もれましたが、ショルダー部分にも
バックルを装着してます。
そのバックルを左右外すと、上からしゅるりとバックパックをとることができます。

この機能はたまに役立ちます。
(背負ったまま寝た時、ここを外しておくと寝返りで勝手にとれる)


作りは雑いですが、いい感じです。


この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2016/08/26 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(2)

やんばいキャンプ

IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (97)Jul 29 2016
いたやんにキャンプに誘ってもらって、
土日で静岡県川根本町に行ってきました。

子供もつれての本格遠出はこれで2回目。
1回目は島根県でした。

IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (10)Jul 29 2016
車で5時間ほどかかるので途中で休憩。
ソフトクリームを食べる長女。
ん〜〜〜〜なんか違うな〜〜〜〜




IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (15)Jul 29 2016
そうそう、ソフトクリーム食べてる時は人類みなうっかりさんにならんとあかん!
このおっちょこちょいさん!!



IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (49)Jul 29 2016
ってことでキャンプ場到着。

次女しししはとりつかれたようにシャボン玉を吹きまくる。
「なんか人多いしこれでもやっとこ」感がすごい滲み出ている。


うんのは”さん”付けが難しい名前に改名していた。
いまいさんは暗くなってからテントを設営していた。
その時のだてりのライトのルーメン数がすごかった。
いたやの旦那さんは走ってきていた。
おそらくタイムをはかっていたと思われる。ストイック。

20時すぎる前に、長女こここの早く帰りたい感も大きくなり、
我々はいたやのおうちに突撃した。

IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (95)Jul 29 2016

不変カブ。老舗カブ。タミ様を添えて。



IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (73)Jul 29 2016
いたやんちはもはや、杉の木だった。この家くれ。


急にいたや長女が発熱した。
急にいたやがヒルにかまれたらしい。

ってことで、我々は早くに就寝。

はい、おっはよー。
いたや娘氏は急に風邪が治った。

急に隣のおばちゃん風のヤマトの人が配達にきた。

そんないたやんちは、周りが明るくなって見渡してみると、
のどかな、素敵な、いい感じだった(久々のブログなので文章力がクソになった)


IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (114)Jul 29 2016
ここことしししもすごい楽しそうである。
杉の木やからな。

そして、川根茶とひとし豆をごちそうになりました。朝食と。
食パンに十字を入れるとガチクソおしゃれになることを知る。


そしてカブが大好きな人たちが10人ぐらいやってきました。
家の気温を10度ほどあげたところで、近くに走るトーマスを歩いてみにいきます、みんなで(倒置法)

ふぁsd
シュール。トーマスシュール。

車でくる途中に前に車が急に遅くなったので、
追い抜いたら左側にトーマスたちの車両基地が一瞬見えました。

あそこは明石海峡同様、速度を落としてトーマスを楽しむストレートだったようです。
追い抜いたのでほとんど見れませんでした。

そんなトーマスを間近で見れました。

急に写真をとっていたらしきおっちゃんが
「あとから来た人が前に立って写真とりだしたから人うつってもーたわ」と
不満げにここことしししに現像した写真をくれました。

トーマスの写真かな?と思ったらどこでとったかわからない妖怪ウォッチの着ぐるみの写真でした。

マイケルは最初いまいさんが急に写真を配りだしたと思っていたらしい。

そして、お別れです。

なんかさびしーなー。
今度は3泊ぐらいしたいぜ!

IT★_20160723 静岡 いたやん 小泉家 キャンプ 川根本町 (146)Jul 29 2016
ソフトクリームを食べるのが上手な次女ししし。
おばあちゃんウケがすこぶる良い。多分眉毛。



とりあえず川根の工務店を紹介してもらおう。


何か忘れてるな〜と思ったら、ウナパイがいなかった。
この記事のタグといっしょの過去記事を検索:
[ 2016/07/29 ] ◆その他 未分類 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。